2018年11月13日火曜日

高野ムツオ「吹雪くねとポストの底の葉書たち」(『語り継ぐいのちの俳句』より)・・



 高野ムツオ『語り継ぐいのちの俳句-3・11以後のまなざし』(朔出版)、攝津幸彦と同年生まれだったこともあり、かつて「そして」という小冊子では、愚生も、ともに参加していた高野ムツオの書くものは、若い頃からほとんど眼を通してきたつもりだが、じつはここ二・三年の彼の仕事を丁寧には見ていない(雑誌・新聞などじつに想像を超える多くの仕事が彼にはあるからだ)。本書には講演録も収載されている。第十回「さろん・ど・くだん」は直接聞いているが、その他の講演は先日、と言っても数ヶ月前の現代俳句協会多摩の講演以外は聞いておらず、他は本書で通読するのが初めてである。
 著者「あとがき」には、彼の向き合ってきた姿勢の良さが伺われる。

 なぜ、俳句だったのだろうか。その後何度も考えたが、どうもよう答えが見つからない。ただ、言えることは、それまでも震災に限らず災禍にあって俳句を作り続けた人は数えきれないほどいたという事実である。ことに戦争という人災において、そうだった。
 おそらく、俳句を作ることが自分の存在証明だったのだろう。危機にあって俳句の言葉の中に、自分の鼓動する心臓、脈打つ血を再確認していたに違いない。言葉で生(せい)を、自己存在を確認していたのだ。

 そして、第三章は書下ろしの「震災詠100句 自句自解」である。
ブログタイトルに挙げた「吹雪くねとポストの底の葉書たち 平成二十九年」の句には、

 正月過ぎの福島駅前のポスト。西口を出てすぐにある。粉雪が強風にしきりに舞っていた。そこに賀状の返礼や寒中見舞いなどが何通か重なっていると想像した。葉書には、避難先の親戚、知人宛に混じって、この世にはない人の名や住所がしたためられているのもあったかもしれない。岩手県大槌町の風の電話宛の葉書も混じっているかもしれない。旅立ちを待って、かさこそと囁く音が聞こえた気がした。

 と自解がほどこされている。ともあれ、その第三章から句のみからになるが、句のいくつかを挙げておこう。

  四肢へ地震(ない)ただ轟轟(ごうごう)と轟轟と 『萬の翅』平成二十三年 
  膨れ這い捲(めく)れ攫(さら) えり大津波      〃
  車にも仰臥(ぎょうが)という死春の月         
  瓦礫(がれき)みな人間のもの犬ふぐり         
  億年の秋日を重ね地層とす            『片翅』平成二十四年
  死者二万餅は焼かれて脹(ふく)れ出す        〃 平成二十五年 
  児童七十四名の息か気嵐(けあらし)は        〃 平成二十六年
  人住めぬ町に七夕雨が降る              〃 平成二十七年
  生者こそ行方不明や野のすみれ            〃 平成二十八年
  狼の声全村避難民の声                  平成二十九年

高野ムツオ(たかの・むつお) 1947年、宮城県生まれ。


           撮影・葛城綾呂 アロエ↑

2018年11月12日月曜日

上田玄「玻璃震え/外闇(とやみ)は//昭和十五年」(『暗夜口碑』)・・



 上田玄・清水愛一『暗夜口碑』(鬣の会・風の冠文庫24)、上田玄の「あとがき」の冒頭に、

 上田の、多行形式によるものとしては第二の句集で、併せて清水愛一との二十一対の対句を試みている。

とあり、ブログタイトルに挙げた

  玻璃震え
  外闇(とやみ)

  昭和十五年

 この句中の「外闇(とやみ)」には、

 (前略)「外闇」という章は、三橋敏雄のひとつの句に触発されている。

    窗ガラス薄し外闇を兵送らる     『青の中』

 これがその句である。

 と記されている。その句末に置かれた昭和15(1940)年という年はどのような年であったのだろうか。世は皇紀2600年の祝賀の光りに彩られ、一方で翌年の真珠湾攻撃・太平洋戦争への露払いのように、新興俳句弾圧事件が行われた年である。俳句にtっては影の年でもある。それこそが、

   さまよう鬼あり
   俳句忌あり

 の多行短律句だった。川柳はその三年前に昭和12年に、鶴彬「手と足をもいだ丸太にして返し」(川柳人)の検挙が行われている。

   ジョニーハ
   次郎ハ

   丸太ヘト

 と上田玄は書き、それを「今、この時に公刊したいという危機感とで本句集に結果させた」とあるのは、たぶん現在の状況に対する過去と現在を通貫させているものへの批評が生み出した句であろうと推測する(まさか、自らの今後の余命を思ってのことではないと思いたい)。また本句集は清水愛一との連弾とあって、そのことにも何らかの想いがあるのだろうが、それは愚生には分からない。ただ集中の以下の対句を挙げておきたい。

 拾玖の初
   
   尋牛の
    山河
     噴き井に
   旗はあり          玄

 
   迷ひゐる羊か
   ルカよ

   -生きめやもー      愛一

 拾玖の附           
  
 ともあれ、上田玄の他の幾つかの句を挙げておこう(基本は髙柳重信晩年の4行の多行表記である)。

  晩霞
  晩鐘
  未病の祖国
  告げわたる

  撃チテシ止マム
  父ヲ

  父ハ

  二度ト
  夏ナシ
  蝉声鎮メ
  耳ノ塚

  暗夜惻隠
  酒を
  母郷の
  枷として

 上田玄(うえだ・げん) 1946年静岡市生まれ。
 清水愛一(しみず・あいいち)1956年、横浜生まれ。

 

           撮影・葛城綾呂↑

2018年11月11日日曜日

攝津幸彦「荒星や毛布にくるむサキソフォン」(『俳句の水脈を求めて』より)・・・



 角谷昌子『俳句の水脈を求めてー平成に逝った俳人たち』(角川書店)、帯には、

 昭和を生き、平成に逝った26俳人の作品と境涯。彼らはどのように俳句に向き合い、何を俳句に託したのか。そのひたむきで多様な生と、魂の表現としての俳句の水脈を探る。

 とある。巻尾に収載された俳人は先般98歳で亡くなっ良くも悪くも文字通り、虚子以来の巨星だった金子兜太、およそ本書の昭和~平成時代の締めを飾るにはうってつけの俳人である。
 愚生は、同時代を生きて来た攝津幸彦や田中裕明にどうしても眼が行ってしまうが、巻頭が飯島晴子であるのは、藤田湘子やアベカンとのエピソードを含めていささかの感懐があるので嬉しい。今、平成時代が尽きようとしているとき、愚生にも、そのほとんどの俳人の姿を目撃できた同時代の俳人であることも本書を身近なものにしている。第一章のインタビューに登場した俳人に女性が圧倒的に多いのも興味深く面白い。
 著者「前書きー俳句の力」には、

 本稿執筆により、影向や回向、すなわち魂を慰め、しかも自分を鼓舞するという俳句の力が、平成を通して見えてきた気がする。もしかしたら、ほんの一面かも知れないが、平成の物故俳人を振り返って実感したことである。やはり、俳句の力はここにある。生きて俳句を詠むのは、俳句の恩恵に浴しているからだと思う。

 と記されている。因みに「攝津幸彦ー俳句で探る存在の根源」には、

 創作者であり、批評家である重信を攝津は自分の審判者として選んだ。赤黄男、重信、攝津の三俳人に共通しているのは、抱え込んだ虚無感を反抗と否定の精神で超克し、独自の句境を切り拓いたことだろう。
 「感動を詠む」ことが現状肯定に繋がるのは当然だ。三俳人は、常に批判精神を抱き、従来の言語表現を単に踏襲せずに、「感動を創る」ため、意味の伝達性を排除して言葉を「書く」ことに集中した。彼らの創作態度は「諷詠」ではない。 

 と喝破している。もって瞑すべきか。最後に収録作家を列挙しておこう。それにしても本書を読むと戦後俳句は事実上終焉したように思える(もちろん、現在の若者を魅了している攝津幸彦、田中裕明はいる)。

 飯島晴子・野澤節子・川崎展宏・藤田湘子・佐藤鬼房・上田五千石・永田耕衣・能村登四郎・桂信子・三橋敏雄・森澄雄・飯田龍太・草間時彦・中村苑子・橋閒石・田川飛旅子・細見綾子・八田木枯・津田清子・古沢太穂・村越化石・鈴木真砂女・鈴木六林男・摂津幸彦・田中裕明・金子兜太。

 角谷昌子(かくたに・まさこ) 1954年、東京都生まれ。



2018年11月9日金曜日

山田耕司「この道のこのゆくゆくを水柱」(「円錐」第79号より)・・・



 「円錐」第79号(円錐の会)、特集は先般上梓された山田耕司句集『不純』。特別寄稿は福田若之「立ちのぼる主題のあやしさ」、論考は今泉康弘「オトナは判らせてくれない」、山﨑浩一郎「不純の果てに在るもの」。一句鑑賞は田中位和子、後藤秀治、宮﨑莉々香、橋本七尾子。ここでは、山田耕司「節電の柿の赤さを数へけり」への橋本七尾子の鑑賞の結びを紹介しておきたい。
 
  大体、俳句に「節電」などという言葉を若い男(中年とは言いたくない)が真っ向から使うだろうか。節電ははっきりとは目に見えず、人々がひっそりと行うマイナーでいじましい社会的行動である。そんなものを俳句の中に持ち込んでどうする。
 「節電」は目に見えないが、過去への、現在への、そして未来への漠然とした不安とそして反省を含んでいる。この句の中で「節電」という言葉の部分が私には暗く見える。痩せて見える。柿の赤さを対比させたせいか。「数へけり」は作者得意のひねり技だ。

なかなか山葵が効いている。そして、「ひねり技」のむこうに、

   焚火より手が出てをりぬ火にもどす
   藤棚より死なずに戻るひる休み
 高校時代の耕司の尖った作品に比べて、本句集はずいぶんとオトナになった、という感がある。その一方で、自分の内面を隠し、韜晦しようとする姿勢は、一貫して変わっていない。
 
 と今泉康弘は記している。橋本七尾子ともども、山田耕司の当初からの「円錐」同志である。愚生も歳をとってしまったが、山田耕司ならずとも、その成熟に向けて、膂力を尽くしてオトナにもなるだろう。ともあれ、「円錐」同人の一人一句を以下に挙げておこう。

  長いことそうして姉は考える       矢上新八
  婚約は破棄され八月十五日        大和まな
  忘れ傘もたれあうたり白秋の       山田耕司
  性悪(しやうわる)の兜太に与し終戦日 和久井幹雄 
  石斛(せつこく)の花断崖をいろどりぬ  澤 好摩
  法相のくちびる赤き夜のTV                       味元昭次
  広島や町かどごとに慰霊の碑       後藤秀治
  慶と弔どちらも白き胡蝶蘭        栗林 浩
  父逝きし谷間へ掛かる秋の虹      原田もと子
  里祭踊るだるまの転びたる       田中位和子
  もの憂さに薄く紅引く夜の秋      荒井みづえ
  嘗て戦下両国橋の揚花火        小倉 紫
    岡崎淳子に「寒葵」を戴く
  沙羅の花暮色まとへばなほ白し     横山康夫
  七五三道の右より左より        江川一枝
  極逆(チバ二アン)の地層発見鷹渡る  丸喜久枝
  七月やビニール傘でゆくあの世     今泉康弘
  水筒の闇は溢れず蟬時雨        山﨑浩一郎
  夏の夜の酒壮大に恋をする       橋本七尾子
  ゆふやけのあとつつがなくふる雨に   宮﨑莉々香



2018年11月8日木曜日

大久保橙青(武雄)「竜飛崎鷹を放つて峙(そばだ)てり」(新版『海鳴りの日々』)・・



 大久保武雄著新版『海鳴りの日々ーかくされた戦後史の断層』(北溟社)、同時刊に新版『原爆の証言』(北溟社)がある。その帯文には、

  広島の原爆を、直接あの場所で体験した著者は、「ただ神に祈ることしか考えられない」と語る。戦後、初代海上保安庁長官となり、政治家としても活躍。そして高濱虚子を敬愛した俳人でもあった著者の魂の叫び!

 とある。英訳も付されている。その大久保武雄の子息が大久保白村である。「『原爆の証言』新版について」で、

 「原爆の証言」の表紙は被曝より約一か月後の原爆ドームの写真である。写した当時まだ原爆ドームという言葉は定着していなかった。いつとなく誰が名付けたともなく市民の間で定着した言葉らしい。(中略)
 「原爆の証言」には被爆者の俳句と虚子の批評が掲載されている。
 その作品から二句を抽いて「原爆の証言」新版の「あとがき」を結ぶ。

  裸みな剥けし膚垂れ襤褸のごと    増本美奈子
  生き身はや蛆湧き死臭まとひつゝ

 と記している。その虚子の批評とは、「その時の写生」と題されたものであり、大久保白村の父・大久保橙青の原爆忌と題した10句も掲載されている。その句の幾つかを以下に挙げる。

  ケロイドの顔放心や原爆忌        橙青
  骨あまた包みてまつり原爆忌
  コスモスの咲いて原爆ドームかな
    永井博士邸跡
  黴の書の前にま白きデスマスク

 一方、新版『海鳴りの日々』は海上保安庁設立七〇年記念再刊のようであるが、こちらは戦後の海上保安庁設立の秘話、また米軍占領下とあって、戦後史に隠されたままになっていた貴重な証言がいくつもあるようで、読むほうも興味深々である。例えば、

  朝鮮戦争のときに、日本の掃海隊が出動したことについては、いままで断片的に報道された。しかし、それは必ずしも全体の真相を伝えるものではなかった。当時ダレス特使が来日し、日本は講和条約の締結をすすめるという微妙な国際情勢もあって、朝鮮水域への出動を極秘裏に運ぶこととした。それで世間が、朝鮮戦争の際の日本特別掃海隊活動の真相を知らないのも無理からぬことであった。曲げられた記事にたいしては、苦闘にたえた掃海隊員は等しく残念に思った。しかし、今日まで抗弁も出来なかったのである。

 としたためられている。当時、朝鮮戦争勃発に際し、北朝鮮は国連軍の上陸を阻止するために、多数のソ連製機雷を主要港に敷設していた。占領下の海上保安庁は第二次大戦中の米軍が施設した機雷の掃海に続き、米側の指令にもとづき朝鮮海域の掃海を実施、そして国連軍の行動の自由を確保するも、当然ながら蝕雷による死亡者、負傷者もでる。文字通り秘された戦死である。これらの掃海作業が極秘裏に行われたこともあって、三十年以上顕彰されなかったのである。

 中谷君の殉職を始め、特別掃海隊の死傷者は十九人を数えている。(中略)朝鮮戦争を契機として経済発展を遂げ経済大国に成長した日本の人びとには、祖国に殉じ、祖国のために傷つき、異国の戦地で風浪と闘い、機雷の掃海に労苦をいとわなかった日本特別掃海隊員のことを、思い起こしてもらいたいと思う。私はそのためにこそ、かくされた真相を世に問おうと思った次第である。   

 と著者の大久保武雄(俳号・橙青)は述べる。子息・大久保白村は今、父の政治団体を一つにまとめ「こゑの会」としてその事業を引き継いでいる。

大久保武雄(おおくぼ・たけお)熊本市生まれ。1903年11月24日~1996年10月14日。
大久保白村(おおくぼ・はくそん) 1930年東京生まれ。


2018年11月6日火曜日

福田甲子雄「わが額に師の掌おかるる小春かな」(『福田甲子雄全句集』より)・・・



 『福田甲子雄全句集』(ふらんす堂)、栞文は、宇多喜代子、友岡子郷、三枝昻之、井上康明、福田修二。既刊7句集、自句自解100句、評論が収載されている。著書解題は瀧澤和治。ブログタイトルにした句「わが額に・・・」について、遺句集となった第七句集『師の掌』の「あとがき」に夫人・福田亮子がしたためている。

  この句は、手術後小康を得て退院し、自宅で療養に専念しておりました所に、飯田龍太先生ご夫妻が、わざわざお尋ね下さいました時のものでございます。ベッドの脇の椅子に掛けられた先生は、主人の額にしずかにそっと掌をおかれ、顔を近々と寄せられて、心底快癒を願って下さいました。まるで時間がとまっているような、主人にとりましても、私にとりましても、それは何ものにも代えがたい至福のときでございました。主人は悦びと畏れのなかで、どんなことをしても元気になって、先生のお気持ちにお応えしたいと強く思ったに相違ありません。そのことに思いを致すとき、今でも胸が潰れる想いでございます。

 そして、愚生は、本著のなかの評論「俳句をささえるもの」に改めて以下に若き日の長岡裕一郎と攝津幸彦の句を発見した。
 
 狼の背に運ばれて冬の種子   長岡裕一郎

 こ
の作は、第四回五十句競作のなかのもので、作者は昭和二十九年生まれ、二十代後半の青春期に属する人だけに、新鮮な内容を大胆に表現して成功している。山野の茫々とした枯褐色の中を、一匹の狼が眼をかがやかせて走り去っていく。そうした光景が,いや応なしに読者の心にくい入ってくる。そして、ゆたかな日本の風土を思わせる。作家的年齢と実年齢が合致した力が、そこに観られるのだ。(中略)

 鳥籠の蜩へ海迫りけり     葛城綾呂(昭和二十四年生まれ)
 陽が射してゐる友の頸さくら鯛  林 桂(昭和二十八年生まれ)
 墓山の父と寝て見る春の雲   山下正雄(昭和三十四年生まれ)
 彦星よ北方は懺悔散華の庭   攝津幸彦(昭和二十二年生まれ)

 五十句競作の十代二十代の作品であるが、俳句という短詩型を開拓していこうとする青春の気迫に、生命の歓喜の声が聞かれる。概して「俳句研究」五十句競作には、青春期の人の作品に珠玉が多かった。

 思えば、若造であった愚生にも、いくつかの著書を恵まれていたが、そのお礼状を出したのかどうか、すでに記憶がない。ともあれ、本全句集よりいくつかの句を以下に挙げておこう。

  天辺に蔦行きつけず紅葉せり      甲子雄
  桃は釈迦李はイエス花盛り
  生誕も死も花冷えの寝間ひとつ
  春雷は空にあそびて地に下りず
  初湯出て山の茜と向きあひぬ
  雨の野を越えて雪降る谷に入る
  百合ひらき甲斐駒ヶ岳目をさます
  稲刈つて鳥入れかはる甲斐の空
  まづ風は河原野菊の中を過ぐ
  白毫か黒豹の眼か春の闇
  春の空わからなくなる妻の声



2018年11月5日月曜日

森山光章「〔抜苦与楽を慈悲という〕、わたしは、一隅を照らす(・・・・・)、、」(『常在靈鷲山』)・・



 森山光章詩集『常在靈鷲山』(不虚舎)、巻頭の献辞には、

  霊山一会の無量の菩薩・・・文底秘沈の種本を了して久遠元初の下種の位に立ち還りて本地難思の境智の妙法を信ずるが故に皆悉く名字妙覚の極位に到るなり。
                (日寛『当流行事抄』)

とあり、後書には、

 表題は、『妙法蓮華経・如来壽量品』から取った。テクストは、わたしの「墓」である。そこには「億劫の辛労」がある。そこには、感謝のみがある。

 もとより、浅才、菲才の愚生には、いかほどの理解がとどくとも思われない。ただ、
森山光章の詩歌のスタイルは、すでに確立された一流を成していると思われる。ならば、いくつかの詩行を以下に打ち並べて読者にその一端を披歴するのみである。

 〔空〕の論理(・・)は、〔改變〕の根拠(・・)である—「いつくしみの家」の
みが、ある、、

 〔詩〕は、「無能者」の言之葉である、壊滅の闘争(・・・・・)のみがあるー、

この「宇都之(うつし)」で〔信行学〕に励(はげ)み、永遠の(・・・)「福徳」をつむーそこには「来世」だけがある、

〔無いすら無い〕の空無(・・)、〔零度の世界〕に〔終わり〕の闇(・・)より力動を与える(・・・・・・)ー、

〔終わり〕の闇(・)から〔終わり〕という現実(うつし)へ、越えていく(・・・・・)-〔悪〕は痙攣する(・・・・)、、


〔元気で楽しい〕「宇都之(うつし)」ー〔終わり〕の〔改変〕は、ここに究竟する(・・・・)、、〔衆生所遊楽(しゅじょうしょゆうらく)〕、

「困難と苦しみ」は、楽しみであった、-〔煩悩即菩提(ぼんのうそくぼだい)ー生死即涅槃(しょうじそくねはん)〕、遺念はなにもない(・・・・・・・・)、、




★閑話休題・・妹尾健「コスモス通信」とりあえず七号↑・・・

 その中で「モダニズムの行方」と題した「武馬久仁裕著『俳句の不思議、楽しさ、面白さーそのレトリック」を読んで」の書評がある。以下の部分に感じるところがあったので引用しておきたい。

 たとえばその二十七「官能的な読み」の場合、武馬氏は「俳句は視覚手に読むだけでなく、身体的にも読むべきものです」いわれてみれば、ぼくらは俳句を視覚を中心として理解しようとする。写生の呪縛はあまりにも深くて大きい。(中略)
 これは俳句にとってたいへん残念なことであるといわねばならない。こうした秩序化から解放するのが、本来モダニズムがもっていた性格であるはずだ。(中略)
 武馬氏の本はそうした傾向に対する根本的な問いかけを含んだ本である。レトリック感覚を日本人はあまり得意ではない。どちらかといえばだじゃれや言葉遊びは得意であるが、これはレトリックとはいわない。そこにはもっとも大切な批評精神が欠如しているからなのだ。