2017年2月27日月曜日

長谷川櫂「大夕焼沖縄還るところなし」(『沖縄』)・・・



長谷川櫂『沖縄』(青磁社・2015年)。愚生の年代では、沖縄を詠んだ句集といえば、まず沢木欣一の『沖縄吟遊集』(牧羊社・1974年)を思い浮かべる。それは一巻すべてが沖縄滞在時の句で満たされている。その沢木欣一の「あとがき」には、

 種々の意味で沖縄は日本の縮図であり、故郷であるという念を深くした。現地において相当数の句を成したが意に満たず、ほとんど書き下しに近い句集となった。(中略)
沖縄の復帰は実現したが、いろいろ大きな問題をかかえている。。古来人間と自然が一体となって生き抜いて来た沖縄文化の原型、いつまでも生命を維持し、更に発展することを願って止まない。

とある。そのなかの句に、

 赤土(あかんちゃ)に夏草戦闘機の迷彩     欣一
 ことごとく珊瑚砲火に亡びたり
 日盛りのコザ街ガムを踏んづけぬ

この1974(昭和49)年には(前年と後年を合わせると珠玉の句集が多く刊行されている)、例えば、三橋敏雄『真神』、阿部完市『にもつは絵馬』、鷹羽狩行『平遠』、高柳重信『青弥撒』、草間時彦『桜山』、細見綾子『伎芸天』、平井照敏『猫町』、中村苑子『水妖詞館』、飯田龍太『山の木』、赤尾兜子『歳華集』、伊丹三樹彦『仏恋』、山田みずゑ『木語』、宇佐美魚目『秋収冬藏』、石原八束『黒凍みの道』、『定本加藤郁乎句集』、佐藤鬼房『地楡』、鈴木六林男『桜島』など枚挙にいとまがない。もう45年近く前のことだ。
 沢木欣一の句集と比べて長谷川櫂の句集は、その集名に「沖縄」が冠されているとはいえ、沖縄詠で全句を占めているわけではない。ともあれ同集からいくつかの句を以下に挙げておこう。

  亡骸や口の中まで青芒        櫂
    飴山實、十三回忌
  飴山忌この世の桜間に合はず    
  軽き身のいよいよ軽し衣がへ
  夢にまた火だるまの馬敗戦忌
  吹きすさぶこともありけり隙間風




               撮影・葛城綾呂↑ヒヨドリ  

2017年2月26日日曜日

宮本素子「犬蓼やむかし女衒の来し畷」(「鷹」3月号)・・・



「畷(なわて)」などと、愚生より若い世代の人は使わないだろうと思っていた。ようするに田んぼのあぜ道である。さらに「女衒」という言葉も今では使われない。これを「むかし」という一語で結び付けて上五「犬蓼や」だから、なかなかの光景を創り出したものである。時代劇風ですらある。さもありなん、自解に眼を落すと「古民家への吟行。緒方拳演じる女衒が貧しい村にやって来るシーンが浮かんだ」とあった。
犬蓼は赤まんまのことだ。赤まんまといえば、中野重治の「歌」、

 おまえは歌うな
 おまえは赤のままの花やとんぼの羽を歌うな
 風のささやきや女の髪の毛の匂いを歌うな
 すべてのひよなもの  
 すべてのうそうそしたもの
 すべても物憂げなものを撥(はじ)き去れ
  (以下 略)

を思い起こす。
掲句の作者・宮本素子、昭和39年生まれ。本年の「鷹」一月号で第35回新葉賞を受賞している。どこかで聞いた名だと思ったら、愚生が「俳句界」編集部にいた時に、校正の仕事をしていた人だ(掲載された写真を見て一致した)。
その折りの句は20句、その中に、

 広島へ立ち寄る旅程水の秋     素子
 レセプション始まる画廊花水木 

があった。
以前にも少しふれたことがあるが「鷹」には加藤静夫「俳句精読」の三橋敏雄が12回目の連載。奥坂まやが、季語派らしくほぼ四季に一度の連載ペースで「われら過ぎゆくー野生の思考としての季語」が七回目、いずれも愚生の楽しみの読み物だが、博覧の奥坂まやの強記ぶりはまさにレヴィ・ストロース『野生の思考』なみ、とはいえ、愚生などはついにその名著を読み通すこともできなく、その一行すら忘却の彼方の有様である。今号の奥坂まやの結びは、いよいよ次号から「俳句」にいたるのかも・・・

 この「内面」と「外部」との矛盾を、俳句はどのように乗り切ろうとしたのかを、次回に探っていきたい。

とあるゆえ。

2017年2月25日土曜日

田中不鳴「子の声にためらいはなし鬼は外」(『傘壽』)・・・



田中不鳴(たなか・ふめい)『傘壽』(2013年2月刊・私家版)、今では句歴が浅いか長いかに関わらず句集を出したり、また、出せる時代になったが、田中不鳴存命の頃はまだまだそういう時代ではなかった。事情は「あとがき」に、
 
 師の見学玄は自家句集について、生前出すものではない、没後誰かの手で編まれるのが、本当だと信じていた人だったが、世の趨勢に抗し難く『莫逆』の名の句集をだした。私はそれに倣ったわけではないが、齢八十にして句集を出すことにした。(中略)
 脊髄狭窄症という難病にかかり、入院一年、手術二回を受けたが、手が上がらない、回せない、一人では歩けないという有様で、身体障害者となり、字も満足に書けない状態になったが、その後のリハビリで、下手ながら字が書けるようになった。それでようやく資料を整えた。考えてみたら、七十九歳も過ぎるので、それなら自ら傘寿を祝うこととして『傘寿』の句集名にした。

その田中不鳴は二年ほど前に81歳で亡くなった。不鳴は昭和8年2月14日、東京生まれ、本名博正。長期にわたり見学玄「五季」の編集長を務めた。職場であった読売広告社俳句会は最後まで続けたという。句集『傘寿』には、旅先のエッセイ「日本ところどころ」と「芭蕉の推敲」論が収録されている。
ともあれ、平明諧謔味のある句や愚生の好みの句を以下にいくつか挙げておこう。

  竹輪一本穴まで食べて冬に入る
  日本中逃げるつもりで羽抜鶏
  浴衣着る今日の終りの陽を浴びて
  凩や女の爪の痛い夜
  梅雨の雲極楽坂はゆるい坂
  美しき嘘が出る唇息白し
  春の星きれいな音をたてる水
  笑いたくなるほど胡瓜曲っており
  こんな日だきっと出て来る雪女
  墓洗うだんだん力入れだして
  鬼は外静まり返ってしまう町
  炎天の一本道曲ろうともしない
  一日じゅう自分で揺れて猫じゃらし



2017年2月23日木曜日

石原日月「逝く春や耳寄せて聴くピアニシモ」(『翔ぶ母』)・・



石原日月句集『翔ぶ母』(ふらんす堂)には、献詞が付されてある。

 悲しみの彼方、母への、
 捜り打つ夜半の最弱音(ピアニッシモ)

         吉田一穂「母」部分

この献詞に呼応している句が「逝く春や耳寄せて聴くピアニシモ」であろう。もちろんというべきか、芭蕉「行くはるや鳥啼うをの目は泪」も応えていよう。芭蕉元禄二年三月二十七日「奥の細道」に旅立つ留別の句である。
著者「あとがき」の冒頭に、

  平成二十三年三月一日  母死去
  平成二十三年三月六日  父死去
  (平成二十三年三月十一日 東日本大震災)
  平成二十三年三月十二日 通夜
  平成二十三年三月十三日 葬儀
  平成二十三年六月五日  納骨

 収録した句は平成二十一年八月一日に母が倒れ、入院・手術となった時から、平成二十三年一月の父の緊急入院、同年三月の父母の死、六月の納骨、平成二十四年の一周忌あたりまでの約二年半の間に作ったものです
。(中略)
 今年は父母の、ということは東日本大震災の犠牲者の方々の、七回忌ということで、ひとつの区切りとして句集という形に纏めてみました。

とあり、父母に献じられた追悼の句群である。
愚生が献詞に反応したのは、かの加藤郁乎が師事し、敬愛してやまなかった吉田一穂の薔薇篇冒頭の「母」には、愚生が好きな二行が、一行空けて献詞の行前に置かれている。それは、

 あゝ麗はしい距離(デスタンス)
 つねに遠のいてゆく風景・・・・・・

合わせても四行の詩である。そしてまた一穂に、「野狐山門、一穂の寒燈を点ず。」また「『豈』、月に打つ狸和尚が腹鼓」などと記された、

    ふる郷は波に打たるゝ月夜かな    一穂

の句もあったことを思い出したのだ。
ともあれ、石原日月(いしはら・じつげつ)、1946年愛媛県生まれの本句集から、いくつかの句を以下に挙げておこう。

   軍務あるごとき眼の大烏      日月
   空蝉や翔び去る母を押さへけり
   噛む噛む秋風を噛むさらに噛む
   風と化す桜も母のてのひらも 
   菜の花や母と云ふ字は雨となり
   母居らぬ母の日となり父の日も   
   



           撮影・葛城綾呂↑(自宅ベランダかららしい)    



2017年2月22日水曜日

宮﨑莉々香「さざんかさくかさくかさかぬよははがきらひ」(「円錐」第72号)・・



「円錐」第72号の「俳句トス」という連載企画、セッターが一句を提示して、スパイカーがその句を解釈してみせるという趣向だ。なかなか面白い。いいトスでスパイカーの山田耕司は、いいところにスパイクを決めている。例えば、

俳句トス  私が多行俳句を苦手とするのは、これ迄にそれを書いたことがないからだろう。
                                                                               一句セッター  矢上新八
火は放たれき/内耳の/太古の/密林に   高原耕治  
                                                                           一句スパイカー 山田耕司

(前略)高柳重信が多行俳句の創始者というならば、したがってそれは過ちである。高柳は、すべての俳句作品の中に沈潜し内在する多行の要素を、見えるように取り出してみせた作家である。
 つまり、高柳重信という視点を得ることで、すべての俳句は多行作品の枠の中にあるものであると思い当たることが可能となったのだ。

その通りだと納得できる。もちろん多行の試み自体は、明治時代から、短歌もそうであったように俳句でもあった。いえば高柳は、多行作品を書くことに殉じた作家だったのだ。

また、こうも述べている。

 多行として構想され読解されることの大切な要素はいくつかあるが、その中でも最大の項目は、言葉なりをリニア(直線)で繋げるのではなく、逆行させたりあえて混線させたりすることで、意味情報として指し示していること以上のイマジネーションを読者の脳に発生させることであろう。

高原耕治の掲句については以下のように結んでいる。言い読みだと思う。

 ならば「密林」という語の斡旋は、もったいない。ジャングルの「なんでもあり」感は、ささやかな芸術的香気を、意味世界にがっさりさらっていってしまうからだ。作者はそのリスクをかねて理解していたかもしれないがあえてそうしてしまったのは、読者への配慮からか。あるいは読者への絶望が不足しているからか。

ともあれ、特別作品からの一人一句を以下に、

   羽切ると枕に聞こゆ寒禽よ     荒井みづえ
   白鳥の水の顔陸の顔思案顔     橋本七尾子
   運動会見下ろす父の肩車      原田もと子
   懐かしくでんして帰る茱萸の家    矢上新八
      【でんして帰る】 何かにタッチをして帰る
   ダム底となる一村の秋の色      丸喜久枝
   冬かもめ君たちに骨ぐみがある   宮﨑莉々香   



            撮影・葛城綾呂↑(自宅ベランダからだそうである)

閑話休題・・

訃報あり、中村裕氏、19日に逝去。家族にて密葬。後日偲ぶ会を予定らしい。
確か愚生と同年生まれだったような・・・早すぎるか。はるかにご冥福を祈る。

2017年2月20日月曜日

ふけとしこ「椿が赤いぼくが火傷をさせたんだ」(『ヨットと横顔』)・・



ふけとしこ『ヨットと横顔』(創風社出版)はエッセーと俳句の本だ。坪内稔典の帯文にある、

 彼女の特色は草花が大好きなこと。少女時代から草花と共に生きてきた人なのだ。

と言う通り、そのエッセーには、愚生などは到底およばない観察眼が働いている。ところで、ブログタイトルの句だが、どこかで聞いたことがあるようなと思い、記憶を呼び戻し、坪内稔典が毎号、檄を飛ばしていた「現代俳句」に行き着いた。特集は「同時代の散文」、愚生も背伸びをして中上健次論を書いていたのでとっておいた「現代俳句」第6集(南方社、1979年10月発行)の帯であった。
それには、
 
  定型に日が射し秋の風が吹く 火傷しそうな君に会いたい

とあった。たぶん、ふけとしこはそれを知っていたのだろう。

「船団」第84号の変身特集。全員何かに変身して短文を書き、一句を添えよ、という無茶ぶりである。

と「わたしの十句」に記している。そのエッセーには、「美しいと思う。けれども、私が好きなのはやはり、赤い藪椿の花である」と結ばれてはいるが、文面には出てこないものの、きっと坪内稔典に挨拶しているのである、と思いたい。なにしろ、「現代俳句」は坪内稔典が編集した、当時の俳句の新世代を、文字通り牽引していた雑誌であり、「俳句研究」でも「俳句」でもなく、総合誌には相手にされなくても、自分たちで自分たちの句を発表し、批評し、俳句のシーンを変えて行こうと試み続けた場をめざした雑誌だった(各地でシンポジウムもやった)。その在り様は「船団」の船出のときのものでもあった。
ふけとしこ(1946年、岡山県生まれ)の略歴をみて、市村究一郎に師事し「カリヨン」入会、「カリヨン賞受賞」とあった。じつは、いま愚生が勤務している府中グリーン・プラザの会議室で「カリヨンの会」「カリヨン〇〇」などの「カリヨン」の名が付く借主の団体がいくつかある。当初、なぜだろうと不思議に思ったのだ。それらの会は、市村究一郎の死後、雑誌は廃刊されたが、いくつかのグループに分かれて、いまも句会をされているのだった。
ともあれ、エッセイ中、もっとも印象に残った言葉は、

 俳句は言葉でできるもの。対象を如何に納得できる言葉に置き換えることができるか、にかかっているのだ。安易に妥協をせず、耐えて自分の言葉を持つ姿勢に。

である。そして、いくつかの句を以下に挙げておきたい。

  舌といふ隠れ上手を桃の花      としこ
  葛の花顔を濡らしたまま歩き  
  明礬(みょうばん)の少しを量る冬あたたか
  オリオンの腕を上げては星放つ
  マフラーを投げればかかりさうな虹




  

2017年2月18日土曜日

福田若之「成人の日にいないやつから電話」(「オルガン」8号)・・



「オルガン」誌にはいつもながら、対談のテーマといい、語り口といい、愚生など頭の固い年寄りには、理解に苦しむところもないではないが(愚生がダメなだけだが・・)、興味深く読ませてもらっている(愚生より若い世代がどのような姿勢で俳句に向かっているのか)。今号もまた、生駒大祐✖福田若之対談「プレーンテキストってなんだろう」。生駒大祐✖田島健一✖福田若之✖宮本佳世乃の座談会「『定本 三橋敏雄全句集』を読んでみた」。それと「《書く姿勢》と伝統ー堀下翔に答えて  福田若之」。「書く姿勢」について真摯に問われていたことは理解でき、清しい印象だった。ただ、テーマが「書く姿勢」なので、無いものねだりになってしまうが、「伝統」とは何か?という前提について、まったく規定がなかったので、その点惜しかった。もちろん「前衛」と無限定に提出されても同様だが・・・。
プレーンテキストという言葉、横文字に弱い愚生が初めて知った言葉だったが、もっとも興味深く読ませてもらった。それなりに理解はできたものの、そうした意味合いも考えて、句を創ったことがないので、おおそうか、とまるで、若いときに、最初にソシュールや時枝誠記の言語論を読んだときのウーンといった感触だった。
ブログの福田若之の句には、思わず田中裕明「水遊びする子に先生からの手紙」を想起した。
ともあれ、同号から一人一句を以下に、

  フレームのそのままに日の古びたる    鴇田智哉
  朝、醒めたら、原爆になってて落ちる   福田若之
  自転車を漕ぐたびに音クリスマス     宮本佳世乃
  枝がちの空も冷たく古りゐたり       生駒大祐
  昨夜からそこに箱あり深雪晴れ      田島健一