2018年6月18日月曜日

徳弘純「出発や麦のほとりに血を流し」(『徳弘純全句集 城』)・・・



徳弘純全句集『城』(編集工房ノア)、帯に「現代俳句(1957~2017)/『非望』から『シーラカンスの夢の中へ』まで/渾身の1700句」とあるように、徳弘純の句業60年間に及ぶ作品が収録されている。第一句集『非望』、第二句集『レギオン』、第三句集『麦のほとり』、ただし、この第二、第三句集は一つの箱に納められた合本句集で、『レギオン』は無季作品のみであったと記憶している。第四句集『褶曲』、第五句集『橋』(「花象」第七号に発表した紙上句集の再録)、そして、最後に収められているのが未刊の新句集の第六句集『シーラカンスの夢の中へ』である。
 愚生にとってはまさに待望の句集が、まさか全句集として刊行されるとは思っていなかった。それは、徳弘純がもはや公に句集を出すことはないという宣言でもあるように思える。
 徳弘純は文字通り鈴木六林男の弟子で、「花曜」に参加、その志をよく継いできたと思う。従って六林男を想う句は多い。

  〈死んだよ(ムリオ)〉とは独り黄昏(こうこん)に立ち止まる  純

 この句の注には、「〈ムリオ(死んだよ)〉は『誰がために鐘は鳴る』(ヘミングウェイ作・大久保康雄訳・新潮文庫)による。スペイン語と思われる」とある。

また、

  (つちふ)ると師に兵燹(へいせん)の句のありし
     *「兵燹や太古のごとき夕まぐれ」(鈴木六林男『定本・荒天』)。

 「全句集『城』の後記」には、次のようにしるされている。

(前略)元の独りといっても、馬齢の重なり以上に、少年時代とは「独り」の中味が異なる。溶明と溶暗。薄暗がりの風景に立ち現れる、「城」と名付けた数々の道化染みた場面。それを噛みしめる。私の「城」は、聳え立つ城というよりも、中世の「土居」の方が相応しい。ささやかな土塁。荒れて古び、草生(む)しながら我意に骨張っている。何かの跡形と思われても仕方がないかもしれない。尋ねて行っても大概は不在で、時に書き置きめいたものに「シーラカンスの夢の中へ」云々などと殴り書きされていて、風にめくれているばかりーー。

 本句集の集名に因む句は巻末の、

   (みんなみ)へシーラカンスの夢の中へ

 である。ともあれ、多くの句を挙げたいが全句集ともなれば切りがない。以下にいくつかの句を挙げるに留めておこう。

   銀行の裏は霙の祭かな
   寒林にデラシネの目のいくつ咲く
   寒鴉非望を捨てに来てみれば
   或る櫂は海から空へ漕ぎ出でぬ
   太陽に鳥うち消されここは無数(レギオン)
   すがたなき廃兵といる夜の橋
   八月や傘立てにある骨の傘
     阪神・淡路大震災
   地の骨に余震止まざり秋水忌
   常しえに磔(はりつ)けられて夜の滝
   窓秋夏野しずかに痛き光さす
     *「頭の中で白い夏野となつてゐる」(高屋窓秋)。
   空蟬の此処にも橋の架かりいる
   隠国(おにぐに)の闇深ければ夢見草
     *「夢見草」は桜の異称。
   行きゆきて火(ほ)の穂(お)を負えり秋の暮
     *「火の穂」-「炎・焔(ホノホ)。
   遠景の仕種は考(ちち)か合歓の花
   北辺の火声は夢か鬼房忌
     *「火声」は「ものが燃え上がる音」(「将門記」註)。
   戒厳へ時間の蹄戛戛(かつかつ) 
   クリスマス海は嘆きを繰り返し 
      幼児回想二句
   火遊びをしても消しても饑(ひも)じかった
   人間魚雷にあこがれた頃五円のころ

徳弘純(とくひろ・じゅん)、1943年、高知県生まれ。


    

2018年6月17日日曜日

祝・「朝日俳壇」選者就任!高山れおな「麿、変?」・・・・


                                             「朝日新聞」6月17日朝刊 ↑


          左・高山れおな、右・筑紫磐井 ↑

 ビッグニュースだ。「朝日俳壇」新選者に金子兜太の後を継いで新選者に就任したのは高山れおな、である。愚生はかつて、金子兜太に「高山れおなって、どんヤツだ」、と聞かれたことがあった。「『豈』の若手俳人で、有望な人ですよ、『俳句空間』新鋭投句欄から出てきた有季定型派ですよ」と答えたら(当時、高山れおなは20代にしてすでに大人ぶりの有季定型の安定した、しっかりした句を書いていた)、「オトコか・・・、オンナかと思ったよ」と言っていた。
 また生前の藤田湘子は、或る時、愚生に「君のところに高山れおなって、いるだろ・・」「ええ、何ですか?」、「彼、面白いね。文章もいいね。独特な視点を持っている・・・」と言われたのを覚えている。
 高山れおな、49歳、攝津幸彦が没した年齢と同じだ。二か月に一度、現在も続いている「豈」の句会は、元はと言えば、高山れおなが「ぼくは句会に出たことがないんです。句会というものを経験してみたいので、『豈』で句会をやってもらえませんか」と筑紫磐井に相談したのが切っ掛けで始まったのだ。そして、攝津幸彦もそれによって句会の面白い面を発見していった。
 最年少にして、結社育ちではではない、いわゆる俳句結社に属さず、独学で俳人になった者が、初めて朝日俳壇選者に就任する(攝津幸彦もまた同人誌育ち、独学だった)。朝日新聞にとっても、俳句の未来、将来を見据えた極めて適切な英断を下したというべきだろう。筑紫磐井は「BLOG俳句新空間」で、

 兜太氏が既存の俳壇、特に保守的な俳壇に果敢に挑戦してきたことは、その俳句を認める人も、認めない人にも肯わないわけにはいきません。そして、高山氏も兜太氏とは違った行き方をとるにせよ、息苦しい既存の俳壇に爽やかな風を吹き込んでくれることは間違いないと思います。最年少の俳壇選者にご支援を賜りたく存じます。

と期待と無私の支援を記している。ブログタイトルにした「麿、変?」の句については、高山れおなが「根っからの形式主義者なので、いつも形式のことを考えている」(「俳句αあるふぁ」増刊号『わたしの一句』)と記した後の結びに、

 (前略)この句のみは自由律。それがもうひとつの形式性ということになる。自由律の理念とはかかわりなく、自由律の形式だけが踏襲されており、しかも最もミニマムな短律が目指されている。具体的に意識していたのは大橋裸木の〈陽へ病む〉で、同じ四音節で並んだわけである。

 と述べている。 ともあれ、「俳句」創刊65周年記念号(2017、6月号付録「現代俳人名鑑」)から、彼のいくつかの句を以下に挙げておこう。


   雛壇を旅立つ雛もなくしづか         れおな
   秋簾撥(かか)げ見るべし降るあめりか 
   果てしなき涼しさといふ夢も見き
   七夕や若く愚かに嗅ぎあへる
   げんぱつ は おとなの あそび ぜんゑい も
   きれ よりも ぎやくぎれ だいじ ぜんゑい も  
   でんとう の かさ の とりかへ むれう で します


高山れおな(たかやま・れおな)、1968年、茨城県生まれ。



   
 

2018年6月15日金曜日

仁平勝「秋天に白球を追ひ還らざる」(『自句自解ベスト100仁平勝』)・・

 

 シリーズ『自句自解ベスト100仁平勝』(ふらんす堂)、ブログタイトルにした「秋天」の句には、「攝津幸彦逝く」の前書がある。自解には、

 (攝津幸彦は)阪神タイガーズの大ファンだった。子供の頃、父親と見に行った試合で、「藤村富美男のファールフライが美しかった」そうだ。一九八五年に阪神が優勝したときの喜びようはいうまでもない。きっと彼の世まで、藤村富美男のファールフライを追って行ったのだ。

 とある。そういえば、その時は、愚生も攝津幸彦に祝電を打った(夫人の資子さんによるとその電報はとってあったそうである)。思いがけない返礼にタイガーズの法被を贈ってくれたのだった。その法被を着て、まだ小さかった愚生の息子は外に遊びに行って失くしてきた。攝津幸彦の勤務先の会社では猛虎会?の会長だったようだ。優勝した時には、務めていた会社ちかくの新橋駅広場で、酔っぱらって咆哮し、騒ぎまくり、池に飛び込んだらしい。
 本著は自句自解ながら、仁平勝はさすがに批評家らしく、彼の俳句観のエスキスをあますところなく披歴している(以前にも雑誌などで述べてはいたが、改めて記している)。例えば巻末の、「俳句を作る上で大切にしていること」に、

 あらためて私の俳句観をいえば、俳句は発句と違って脇句がないのだから、べつに切れがなくてもいいのではないか。だんだんそう考えるようになった。なぜなら五七五の定型は、もはや切れを必要としないほど成熟していると思うからだ。げんに虚子を始めとして、発句的な切れをもたない俳句はたくさん作られている。
 ちなみに虚子は、「俳句を志す人の為に」という文章で、「切字といふことを昔は大変やかましくいつてゐましたが、それ程やかましくいふ必要はありません。要するに終止言若しくはそれに代る言葉が一句のうちに一つあればよいといふことであります」と述べている。私は虚子の尻馬に乗った。それは、発句的な安定からいくぶん外れるところに、むしろ五七五のリズムが生きてくるように思うからだ。

と述べていることからも知れる(ちなみに仁平勝は、句切れが発句における切れであるなどとは言わない)。言ってしまえば、かつて坪内稔典が主張した「過渡の詩」としての俳句ではなく、むしろ、過渡どころか、俳句として、もはや成熟した詩形となっているのだ、ということである。少なくとも、俳句の現在について、こう分析してみせた評者は、今のところ仁平勝しかいない。他にもいろいろ引用したいところはあるが、それは、読者が手にとって読んでこそ意味があろう。
 ともあれ、本著から句のみになるが、いくつかを以下に挙げておこう。

   童貞や根岸の里のゆびずもう     勝
   片足の皇軍ありし春の辻
   本郷もかねやすまでの夕立かな
     今井杏太郎に師事
   老人を起して春の遊びせむ
     弟和夫逝く
   夏月和厚信士享年五十三
     母ヨネ逝く
   冬菊や遺体の母の乳固し
   立春の電車に座る席がない
   いまに手放す風船を持ち歩く
   夏物をしまふと秋のさびしさが
   よきことを考へながら日向ぼこ



          撮影・葛城綾呂 マツヨイグサ↑


2018年6月14日木曜日

金子兜太「おおかみに蛍が一つ付いていた」(「江古田文学」第37巻第3号より)・・・



 「江古田文学」97(第37巻第3号・日本大学芸術学部江古田文学会)の特集は「動物と文学」。中に浅沼璞が「俳諧における”生きもの感覚”ー戌年にちなんで」を書いている。評文中、金子兜太が『荒凡夫 一茶』(白水社)で、「生きもの感覚」の秀吟として挙げているという小林一茶の発句「犬どもが螢まぶれに寝たりけり」(『七蕃日記』1814年)について、次のように述べている。

 つらつら思えば、「一本の木、一本の虫」という〈一つ〉の精霊の集まりが全宇宙をなし。いわば”生きもの感覚”の〈一つ〉の集合としてこの句は読める。
 ところで現代の季語的観点からすると、狼なら冬で犬は無季「雜(ぞう)」、蛍は夏であるが、そんな分類を”生きもの感覚”はのみこんでしまう。兜太氏のように俳諧の時代をさぐれば、動物学でいうニホンオオカミは「山犬」とも呼ばれ、雜の扱いであった[註]。雜だからこそ逆に四季の分類を超えて”生きもの感覚”を表現しえたともいえなくはない。

その[註]には、以下のように記されている。

 西鶴『日本永代蔵』(一六八八年)巻二ノ三「才覚を笠に着る大黒」に黒犬の丸焼きを〈狼の黒焼〉として売り歩くエピソードがある。これは「薬食いを騙った詐称だ」とする説が一般的なのだが、本文には〈疳の妙薬になる犬なり〉の一節も見え、狼と野犬とをさほど区別していないようにも読める。未分化な”生きもの感覚”を未分化なまま享受する難しさがここにもありはしないか。

と、さらに、浅沼璞は、幾つかの犬の句に評を加えながら、結びを、

 くしくも戌年にイヌ科の句を追うこととなった。果たして〈犬〉という雜の詞は、雜ゆえに四季の分類を超え、視覚的・聴覚的に”生きもの感覚”を具現してきたようである。以上をもって兜太的”生きもの感覚”の〈一つ〉の考察としたい。

と括っている。浅沼璞は本稿脱稿直後に、金子兜太の訃報に接したと漏らし、追悼している。
ともあれ、戌年にちなむ挙げられた文中の犬の句を以下に書き写しておきたい。

   山犬のがばと起きゆくすゝき哉   召波(『春泥句集』1777年)
   むくと起きて雉追ふ犬や宝でら   蕪村(『蕪村句集』1784年)
   人うとし雉をとがむる犬の声    其角(『いつを昔』1690年)
   草まくら犬もしぐるゝか夜の声   芭蕉(『野ざらし紀行』1684年)

他には、旧知の中村文昭の詩「猫譚(きふじん)」に出会えたのが僥倖、もう随分とお会いしていないが、健在ぶりが嬉しかった。

 中村文昭(なかむら・ふみあき)1944年、旭川市生まれ。
 浅沼璞(あさぬま・はく)1957年生まれ。 



          撮影・葛城綾呂 十薬↑

2018年6月13日水曜日

安井高志「血はぜんぶ絵の具にかわる真っ青な海に溺れる東京タワー」(『サトゥルヌス菓子店』)・・




 安井高志歌集『サトゥルヌス菓子店』(コールサック社)、集名に因む歌は、

  子供たちみんなが大きなチョコレートケーキにされるサトゥルヌス菓子店 高志

解説は、依田仁美「概念との対話が放つ光芒」、原詩夏至「海底の雪、しずかな雨」、清水らくは「彼に触れれば」の三名。謝辞に母・安井佐代子とあるのは、これが遺歌集だからだ。昨年4月に31歳で急逝した。解説の依田仁美は次のように記している。

 彼は作風においては、現代短歌に合流する気分が希薄だった。秀歌志向ははない。伝統的な括りには入らない。「完成度」なるものは軽薄と考えていたのだろう。さもなければ「カオスの目」に美神を見ていたのであろう。そういう意味から彼の作の多くは「傑出」している。(中略)
 彼は飛び去る物、移ろいゆく物の美に敏感であった。固定物には関心が薄かった。自作に求めたのは巧緻さではない。流動美、そしてその流動美の同位体の滅亡美であった。彼の作品の良さは吟味という手法では追究し難い。逆に、高速で感じても真価が享受可能な世界なのである。「概念との対話」が放つ「光芒」なのだから。

あるいはまた、清水らくはは、

 安井高志の歌はいい人にとっては、いい。このように評してしまうのは、怠慢かもしれない。けれども、自信をもって、そう言っているのだ。多くの人に届ければ、必ず響く人がいる。技術やテーマにこだわる人、時代との関係性を重視する人。そういう人たちには、魅力的に見えなくても仕方がない。しかし私はこう思っている。生まれてから全く短歌に触れずにきた人が初めて出会ったとして、心を動かしうるもの。そういう力が、彼の作品にはあるのだと。

と述べている。確かに手にとれば、アニメのような現代の若い人の息吹がそこここに潜んでいる短歌だろうと思う。ともあれ、集中より、いくつかの作品を以下に挙げておこう。

  みずうみの底にはしろい馬がいた鱗のはえた子を殺す妹   高志
  墓場から夥しい蝶 赤い蝶 あれがキヨコを食べて飛ぶ翅
  三月のキャベツ畑に霧深く眠れ失声症のアンドロイド
  わらうなら紙飛行機をソドムまで見送るようにとばしてみてよ
  くるしみの果てることなく井戸水は死者たちのためこんこん湧く
  カスピ海にあきれるほどの花束をわたしのために墜落させてよ
  歪曲の、水面の波の線形がわたしをいだく空(うつ)の本質
  ただひとつ教えてくれよwikipedia蛇のたまごが落ちる湖
  那由多まで我が身を砕く焔ならばすべてを抱き空へ還そう
  冬の日の曇り空から田圃まで群れる白鷺 死が降ってくるよ 



          撮影・葛城綾呂 ベラゴニウム↑


2018年6月12日火曜日

宮坂静生「逢ひたくて辛夷の花の傷みゆく」(「岳」6月号より)・・



 「岳」6月号(岳俳句会)は、先月、5月号が「40周年記念号」で分厚く、多くの俳人の祝意に満ちたものであったが、本号は、それと比べると落ち着いて、「岳」の同志諸氏に感謝と今後を語る心意がこもった内容になっている。
 記念大会には、愚生は先約があって、参加叶わなかったが、口絵には、「岳」40周年記念大会記念品のなかに『宮坂静生俳句かるた』があり、その内容が本号に掲載されていたので、最初の句をブログタイトルにさせてもらった。そのなかから幾つかを挙げておきたい。

  青胡桃蚕飼ひの村の石だたみ 
  犬ふぐりさざめきて空くづれ出す
  木の根明く胎児はなにを見てをるや
  コスモスは水平の花かなしみも
  春の鹿まとへる闇の濃くならず
  栃の芽にいま御岳は地吹雪ぞ
  良寛の手毬は芯に恋の反古

 ところで、先月記念号のなかでは、筑紫磐井が「水平(地理)の彼方ー私の季語研究と地貌季語の関わり」と題して、「季語研究には、『垂直研究(歴史的研究)』と『水平研究(地理的研究)」があるのではないか思っている」と切り出し、宮坂静生『季語体系の背景』を読んで、以下のように結んでいるのが印象的だった。

 民族・民俗と個の関係に視野を広げることによる地貌季語の深化が伺えるのである。そしてこの時、意外に虚子やホトトギスの題詠による季語(熱帯季題や大陸季題を含めて)と交差する現場を見ることができるように思うのである。




★閑話休題・・・

「図書新聞」第3355号(6月16日・土)は、金時鐘へのインタビュー「世の美しいことは、書かれない詩によって保たれている」である。金時鐘『背中の地図 金時鐘詩集』(河出書房新社』、また、『金時鐘コレクション』全十二巻(藤原書店)などが刊行中で、新聞記事のリードには、「朝鮮半島が動いている。他方で、歴史を直視せず、憎悪と反目を煽って動かぬ日本に私たちはいる。そのはざまで在日を生き、日本語と対峙してきた詩人はいま、何を思うか。金時鐘に話をうかがった」とあった。
 全部を引用したいくらいの重厚かつ大事な意志を語っているのだが、ここでは、俳句の抒情について語った部分を少しだが、紹介しておこう。

 日本でいう抒情とは、心的秩序を共有する感情のことです。俳句では季語という共通の認識基準があって、私はずっと感性の統括だと言ってきたのですが、詩では抒情も共有されるものなのです。考察は必要ない。詩というのは、このような感情の波長を伴うリズムだと思っている。だから、日本人の誰が何を書いても、情感と抒情が一緒なのです。情感の波動が抒情として受けとめられている。ですが、抒情とはそうではなくて、それ自体が批評であるものです。(中略)
 感情というものは非常にナチュラルなものだと思われていますが、実は作られるものなのです。感情は自然な心情の流露ではなく、作られたものに触発される。それは出来上がった秩序の何かから触発されています。(中略)
 だからこそ批評は、この抒情の中に根づいていかねばならない。私が共感させる機微のような感情を、作られるものとして非常に警戒してやまないのは、なじんで育ったあらゆるものの基調に、五七五のような日本的短詩形文学のリズム感が、抒情の規範さながらにこもっていたからです。

 それでも、俳人の愚生らが、五・七・五を常に快いものだと言ってしまうのであれば、ついに金時鐘の「乾いた抒情」には届かないだろう。また、

 日本の詩人は、非常に観念的、抽象的な詩をかきますけれども、実感がないという意味では、それは詩ではない。理屈を並べているだけです。詩を書く者は、喉元まで突き上げる思いをこらえて生きている。世間の人は、ほとんどそうでしょう。自分のやりたいことで生きられる人など、本当に限られていますから。飯を食わなければならないし、子どもたちを育てなければならない。(中略)
 詩人だってその他大勢の一人ですから、決して選ばれた人間ではない。私が思うことは皆が思うことで一緒なんだね。ところが、日本の詩のほとんどはインテリだけができるような詩です。
 詩がいちばん美しいのは、存在して在ることです。私にとっていちばん美しい国とは、そのような人たちがまんべんなく点在し、長屋にも職場にも学校にもたくさんいる、そんな国です。
 
と述べている。あまりに長い引用になってしまったが自分を見つめ直す表現が詩ですか?という問いには、「詩とは現実認識における革命だと思っています」とも答えている。




           撮影・葛城綾呂 べラルゴニウム↑








2018年6月11日月曜日

峯田國江「設えの半分済んで白雨かな」(「山河」352号より)・・・



 「山河」(山河俳句会)第352号、第45回「競作チャレンジ俳句」は、二つの縛りがかかっている。今回の課題は「半分」と「夏の季」である。その選句を引き受けているのだが、選ぶのは天・地・人各一句、と秀10句、佳が5句、毎回合計18句を選び、すべてに選句評を付けている。このブログでは、とりあえず天・地・人のみの評を挙げ、その他は句のみを挙げて紹介しておこう。


天、 設えの半分済んで白雨かな      峯田國江
  何の設えであろうか、あと少しで終わるのに、白雨となってしまった。空は明るい。すぐにも止むだろうから、雨をやり過ごしてから、また始めればいいか、そんな気分もある。何気ない光景だが、なかなか味わい深い句というべきか。

地、 緘の字は半分掠れ夏終る        島崎きく子
 封をした「緘」の字が掠れ筆になってしまったのであろう。あるいは、誰からかいた
だいた便りなのかも知れないが、経年のせいか、陽に褪せて「緘」の文字が半分掠れ
てしまったのだ。立秋も近い「夏終る」には、封書にまつわる人への愛惜の気持ちが
表れている。                  

人、 真蛇とは半日影なりさがしもの    津のだとも子
  「真蛇とは」、能面の(しんじゃ)の面のことであろう。般若のなかでも、もっとも罪業  
   深く、蛇の顔になっている面である。蛇も日陰も夏季だが、この句では季節感以上にひとえに  
   真蛇、半日陰が、作者の表現意図の比喩として作用しているそれが探し物であるというのだか
   らなおのこ

秀、 半分こに大小のあり西瓜割       中谷 耕子
   半分は聞こえぬふりの蟇        新江 堯子
  愛国心半分上げます立夏        吉田 慶子
   半分は蛍の化身生臭し         小池 義人
   半分の客は帰りぬ月見草        田中 雅浩
   老鶯や昭和半分絵空事         広本 勝也
  油照半分世田谷交差点         近藤 喜陽
   とりあえず話半分ところてん      平林 敬子
   半分の西瓜いただく盛夏かな      吉田 キミ
   血族は村の半分凌霄花         桜井万希子
佳、 半分はこの世のままの水中花      山本 敏倖
   砂山の半分崩れ夏の果         国藤 習水
   板の間に半分出てる昼寝かな      山本 和子
   炎天下半分ベソかき母さがす      黒岩 隆博
   かき氷赤と青色半分こ         多田 文代
 
 すべての選句に順位をつけ、かつ鑑賞をするのは、真剣な気力を要する。それも甲乙つけがたい水準にあってはなおさらだが、それででも天・地・人くらいはキチンと決めなければ、引き受けた以上、役目が果せない。応募の各作者それぞれとの真剣勝負の選にならざるを得ない。愚生の好悪だけで決めるわけにはいかないのだ。一句としての出来はいかがと問わなければならないからでもある。ともあれ、こういう機会をいただけるのは、愚生自身の句の在り様を見つめ直すにもよいチャンスだと思って、勉強させていただいている。


 ところで「山河」の前代表は松井国央だが、「現代俳句」6月号にテーマ「指輪」で感銘深いエッセイを寄せておられる。それは「ラッキーストライクの緑は戦場へ行った」という煙草の広告のコピーから書き起こされ、戦時の供出品として義務付けられた金属類、父親がその職業がらプラチナや金を加工してパイプの一部などにして、その供出を回避していたこと、幾度となく憲兵隊に踏み込まれたことなどがあったという。そして、このエッセイの結びには、自身のアンビヴァレンツな思いが、以下のように記されていた。

  今、こうしたパイプの一部が、僕の指輪に作りかえられている。かつての国家や戦争に対する、父のささやかな抵抗のシンボルとして、この指輪を誇らしく思うべきか、それとも戦場に散った多くの日本人への裏切り行為のシンボルとして考えるべきなのか、自分自身でいまだに結論が出せていない。