2018年9月20日木曜日

津久井紀代「一身の混沌としてなめくじり」(『神のいたづら』)・・



 津久井紀代第四句集『神のいたづら』(ふらんす堂)、集名は以下の句に因んでいる。

  蝌蚪の紐神のいたづらかも知れず      紀代

 集中、蝌蚪の句は他にもある。

  蝌蚪の紐アインシュタインなら解けさう
  蝌蚪の紐整理整頓してみたし

 その蝌蚪の紐にからんで、著者「あとがき」には、

  題名の「神のいたづら」は集中に収めてある蝌蚪の紐の不思議からの発想であるが、地球上のすべて、今私がここに存在することも、詩を書くこともすべて神のいたづらのように思えるのである。

 とある。「天為」主宰・有馬研究会を立ち上げて6冊の本を刊行したり、あるいはまた大木あまり、村上喜代子、中西夕紀らとの勉強会は三十年を超えているという。なかなか積極的な人生を送られている様子である。
 ともあれ、いくつかの句を以下に挙げておこう。

   あめんばう水輪いくつ作れば死
   薔薇の文字まはりだすかも知れぬなり
   鉦叩百叩いても父還らず
   ふゆざくら息がこんなにさみしいとは
   鶯餅泣き出さぬやうつまみけり
   修司の忌即ち澤田和弥の忌

 そういえば、若くして逝った澤田和弥は寺山修司にぞっこんだった。愚生は一度だけだったと思うが会ったことがある。その頃は、浜松あたりだったか、役所に勤務されていたのではなかろうか。有為の青年が逝くのは、ことさら無念に思ったことを覚えている。

   銀漢や母よ・神よ・ラマ・サバクタニ

津久井紀代(つくい・きよ) 1943年、岡山県生まれ。



2018年9月18日火曜日

二ノ宮一雄「囀りや恋うても空は遥かなる」(『終の家』)・・



 二ノ宮一雄第4句集『終の家』(文學の森)、集名に因む句は以下の句からであろう。

  木の葉髪書に埋もれたる終の家    一雄 

巻尾の句は、上掲の句と対をなす、

  数へ日や万巻の書の深き黙

「深き黙」は、次の誕生日に関する句にも照応しているように思えてならない。
 
     わが誕生は昭和十三年四月五日
   深きかな生誕の日の春の闇

 誕生する生こそは闇を深く背負っているのだ。著者「あとがき」に、

 平成三十年四月五日、私は満八十歳となりました。本書の内容は、そこまでの十年間の、丸々七十代の私自身の生活体験に他なりません。しかし、前述したように単に吐露するのではなく、その体験の中から、七十代という人生の晩年を迎えた人間の、自然や人間に対する普遍的な姿を描き出したいという思いで、この一書を編みました。

と記されている。また、懇切を極める跋文は坂口昌弘「檸檬一果の宇宙」、それには、

 (前略)句集の特徴の一つは光のポエジーである。
 今までの句集にも光をテーマとした句が少なくない。詩人・歌人は、写生を突き詰めると最後は光りに出会う。写生という行為を可能にしているのは光である。光がないと物が見えない。森羅万象の物の影は光の姿である。物をよく見て写生するということは、光の働きをよく感じるということである。
 作者はよく光の動き・働きを見ている。この世に生物の命が存在しているのはすべて光のおかげである。

とある。ともあれ、他にも、愚生の感銘した句の中から、いくつかの句を以下に挙げておきたい。

   さすりつつはは冬月へ送りたり
   風鶴院波郷居士秋風裡
   水うつてかの世の風のきたりけり
   雪の暮飛礫となりて何の鳥
   寒雷を夢より引きて覚めにけり
   ふるさとは霧の底なる小盆地
   草いきれ若き日の雲あふれゐて
   
二ノ宮一雄(にのみや・かずお) 昭和十三年、八王子市生まれ。

2018年9月17日月曜日

岡田一実「火蛾は火に裸婦は素描に影となる」(『記憶における沼とその他の在処』)・・



 岡田一実第三句集『記憶における沼とその他の在処』(青磁社)、金原瑞人の帯の惹句に、

 これは俳句の掟破りなのか、革命なのか、/それとも俳句について自分が最初から思い違いをしていたのか。
 読み終えて、これまで遠のいていた足が/いきなり俳句の世界に引き寄せられるのを感じた。

とある。また、跋の青木亮人は、

  蝋燭を灯しつ売りつ石蕗の花
  蟻のぼる蕊を花弁の沿ふ乱れつ
 
 最も伝えたい出来事を季節感や言外の余情に委ねるほど、氏の高揚感は弱くない。「灯しつ売りつ」「沿ふ乱れつ」は現場性の濃さを伝えるものとして吟味された措辞だ。

と記している。「あとがき」を読むと、本句集への協力者に、多くの謝辞が述べられているが、愚生に興味があるのは冒頭の部分である。それには、以下のように語られている。

 これは確かにどこかで〈見た〉景色です。
 現実に、想念に〈見た〉景色です。
 記憶の景色は日々分裂し統合を欠きながらモザイク化します。
 もはやモザイクになった記憶もまた愛おしい。
 その果てしなさをお伝えできたらなら幸甚に存じます。

ともあれ、いくつかの句を以下に挙げておこう。

   暗渠より開渠へ落葉浮き届く     一実
   灯さずに踊りて暗きとは違ふ
   明るさに目の開く昼の姫始
   玻璃越しに雨粒越しに虹立つよ
   かたつむり焼けば水焼く音すなり
   文様のあやしき亀を賀状に書く




   
★閑話休題・・・

  本句集の版元の青磁社が発行している「青磁社通信」29の表紙に、巻頭7句として、「豈」同人の一枚看板の池田澄子の句が掲載されているので、一句を挙げておきたい。

   名残惜しや送り火の灰うつくしや     澄子

 先だって、夫君を亡くされた澄子姉さんの作品とあれば、なお、ひたすら胸に滲みてくる。


2018年9月15日土曜日

高尾早弓「海原へなだるる夜の鰯雲」(「星合集」Vol.12)・・



 「星合集」Vol.12(俳句座☆シーズンズ)は、黛まどかが主宰した女性だけの俳句結社誌「東京ヘップバーン」が平成18(2006)年、100号をもって終刊したのちに、その仲間たちで引継ぎ、結成した。やはりこれも女性だけのグループの俳句誌である。一年に一度の刊行ペースらしい。ホームページによると、全国に5つの支部(東京・湘南・名古屋・三重・九州)があり、毎月の句会の他、黛まどかを招いての講演や、イベントも開催しているらしい。
 今号は第12回シーズンズ俳句賞の発表で、静岡・緒方恵美が受賞している。選考方法は、2017年4月から翌年3月までの会員投句より、各白百合衆(いかにも、女性グループらしい命名だが)による選を受け、かつ、欠詠がなく、会の運営に積極的に関わる、将来指導者としての資質を審査して行われるという。愚生のような怠惰な者には、到底、候補などになりようのない厳しさである。以下、受賞作より、

  路地裏に醤の匂ふ夕薄暑      緒方恵美
  酔芙蓉今生の紅つくしけり
  風よりも光に揺れて猫柳

 雑誌は、瀟洒、シンプルであり好感この上ない印象である(健康な俳句精神を思う)。俳句作品、ミニエッセイ、英語俳句に写真、吟行報告など充実の誌面である。白百合衆・鈴蘭衆の一人一句を以下に挙げておこう。

  月を得てよりの二声青葉木菟     菅野奈都子
  弁天の紅の剥げたる余寒かな     松下美奈子
  昇降機星の涼しきところまで      高尾早弓
  手枕にガラスの風鈴ひとつ鳴る    石井優美子
  目借時尖り続けるシャープペン     堤亜由美
  黙禱や雨の真中に百日紅       降矢とも子
  大川の風を百基の神輿かな        美智子
  いかなご煮母の背筋の伸びにけり   山本ゆうこ
  遺されし日記の余白青嵐        角田智子



2018年9月14日金曜日

久保純夫「水洟を舐めているなり国歌かな」(『HIDEAWAY』)・・



             表紙写真は、水茄子で久保彩作↑

 久保純夫第11句集『HIDEAWAY(ハイダウエイ)』(儒艮の会)、「ハイダ・ウエイ」とは隠れ場所のことらしい。「あとがき」には、「ある時期、条件が揃えば(・・・・・・)ホテルに籠って俳句を書いていた」とある。また、

 私のお気に入りはバリ。そのホテルの敷地は広く、椰子の林もあった。芝生が敷き詰められ、デッキチェアも適当な間隔で、そこかしこに置かれていた。転寝と句作を繰り返していたその椅子がハイダ・ウェイのひとつであったといえよう。またレストランやバーの片隅で眼前の光景に身を浸しながら、五官を自在にする方法もここで獲得した。もう少し言えば、その光景に直面している五感、手にしている歳時記のなかの言葉、これまで蓄積してきたものやことの記憶。それらが三位一体となる情況こそが、私の中のハイダ・ウェイであった。

 そういえば、亡くなった阿部鬼九男もバリが好きだった。何度もたずね、時には一ヶ月以上も滞在した。料理が好きだった彼は、現地の人と一緒に台所に立つと、誰でも気に入られ、仲良くなれる、とも言っていた。日本のカップ麺は特に人気だったとも言って、お土産にしていた。愚生の娘にと、ガムランに使う竹製の楽器をいただいたこともあった。もっとも、阿部鬼九男はバリの舞踊に、より魅せられていたフシがある。
 話を元に戻すと、本句集は、久保純夫の個人誌「儒艮」創刊号(2013年5月)から25号(2018年8月)までの掲載した作品からの精選とあり、この間の久保純夫の多作ぶりかして、数千句のなから、ほぼ400句ほどの厳選にもかかわらず、「儒艮」に掲載されていた句と変わる事のない句のレベルで、本句集がそれらからの、改めての精選といわれても、少し困る感じがした。
 ただ、ブログタイトルに挙げた「水洟を舐めているなり国歌かな」は、同じ国歌を詠んでも、高屋窓秋「花の悲歌つひに国歌を奏でをり」の句と比すと、国歌に対する久保純夫と高屋窓秋の違い、思考の距離の違いが浮かび上がって興味深く思った。かつて、久保純夫は「水際に兵器性器の夥し」「湯豆腐の真ん中にある国家かな」など、言葉の密度の濃い作品もあり、その思考と面影を残していたのが「水洟の」の句であった。その密度が薄くなっているのは、多作によるものか、年令による(円熟?)ものであるかは、いまのところ、愚生には不明である。あるいは、少し無残な美しい光景を「その五感それぞれ、美味しいと感じるものが存在すれば、それこそ至高の経験」(「あとがき」)と言ってみせているのかもしれない。本集の各章は、滞在したホテル名が20、句も各20ほどの収載で構成されている。
 ともあれ、久保純夫には、昔からこだわりの言葉がいくつかある。そうした片鱗をうかがわせる傾向の句を、集中より幾つか挙げておきたい。

  アイムゲイ鹿尾菜の好きな人といて     純夫 
  ちあきなおみから出てくる鹿尾菜
  鹿尾菜から紛れ込みたる縁起かな
  撫でてから乳首を抓む分葱かな
  落ちている乳首を拾い潮干狩
  不貞寝する乳首のいくつ油蟲

また、他の句を少し挙げておこう。

  葱坊主地上の鬱を占めており
  文身(いれずみ)の上で尺蠖遊びけり
  いつまでどこまでいつからどこから冬木
  尽くされし手足を厭う霜柱  

久保純夫(くぼ・すみお)1949年、大阪府生まれ。



2018年9月11日火曜日

白戸麻奈「ダリア咲き明日を白紙にもどしたる」(『東京(バビロン)の地下鉄』)・・



 白戸麻奈第一句集『東京(バビロン)の地下鉄』(ふらんす堂)、序文は山﨑十生。それには、

  このシリーズに、どのような俳人が加わっているのか知る由もないが、私が唯一声を大にして言えるのは、白戸麻奈の句集は、本シリーズ参加の他の句集とは異質と云うことである。(中略)
 オンリーワンの詩を、世界で一番短い詩形式である俳句で表現することに白戸麻奈は身を削っているのである。俳句はたった十七音であるけれども、言語宇宙を構築するには、これ以上ないエネルギーを内蔵している形式である。言葉が長くなればなるほど、反比例して減ってゆくのである。そういう矛盾が、俳句の核であり、諧謔を生み出すのに適しているのである。

 と、白戸麻奈の句業が、他の誰にも紛れることがない、ということに太鼓判を押している。著者「あとがき」にもその片鱗は伺える。その冒頭を、

 家には、体長一・五メートルで翼のある虹色のネズミがいます。

嘘です。冗談です。ただ、この広い大きな宇宙には、そうした生き物が存在するかも知れません。

 と書きだしている。山﨑十生も序のなかで触れているが、第3章「東京(バビロン)のネズミ達」の、「ネズミ」をすべての句に詠み込んでみせた106句は圧巻で、先年、松下カロが句集全体を白鳥の句で覆いつくした方法に似て「どの『ネズミ』も作者の分身とか化身であるよかのようである。『ネズミ』に固執することで自らを慰撫している。」(同序文)とも思えるのである。
 ともあれ、集中の幾つかの句を以下に挙げておきたい。

  新涼が鏡のようにやって来る       麻奈
  白桃や触れなば少年血がにじむ
  白鳥をギュッと小さくしてみたい
  マネキンの陽炎に濡れ並び立つ
  バイオリンチェロコントラバス轡虫
  山笑うすべてのネズミ笑ってる
  月光に跳ねるネズミに跳ねる鮎
  ネズミらとつくつく法師の好む木だ
  ぼんやりと名の木の散るを見るネズミ
  名もしらぬ野菊と名前なきネズミ

白戸麻奈(しらと・まな) 1969年、東京生まれ。


2018年9月9日日曜日

冬野虹「西の空くたくたすみれひきだせぬ」(「むしめがね」NO.4)・・・



四ッ谷龍氏↑


           鎌倉ミルクホール(鎌倉駅より徒歩3分)↑

 秋の良い天気になったので、思い切って冬野虹素描展〈於:ミルクホール鎌倉2Fギャラリー、9月8日(土)~9月17日(月)〉を訪ねた。久しぶりに四ツ谷龍にも会えた。冬野虹の素描の実物がじつに繊細な線で描かれているのに驚いた。案内にいただいたその葉書にも、その線の在り様は伺えるが、その実物の比ではない。四ツ谷龍は、印刷では、どうしてもその繊細さは出ないといっていた。
 四ツ谷龍と亡くなった冬野虹は二人誌とでもいうべき「むしめがね」を発行していた。その「むしめがね」に表紙やカットに使用された素描にも出会えた。四ッ谷龍曰く、整理しきれていないが500点近くはあるという。
 たまたま、手元に引き出した「むしめがね」4号(平成元年9月)の表紙に描かれた絵は、ミルクホールの一階の壁にかかっていた。そこで、愚生は昼食にカレーライスに紅茶を注文した(美味だった)。そのミルクホールは、かつて鈴木清順監督「ツィゴイネルワイゼン」の映画のロケが行われた店だということであった。
 その「むしめがね」NO、4の特集は「80年代作家の課題」と「映画・美術・音楽エッセイ」だったが、冬野虹は「橇にのって」と題して60句(平成1月~6月)を発表している。その中から、当時、愚生が印を付けていた句を以下に記しておこう。

  満月や地に粘りつくオートバイ            虹
  慈悲心鳥十一十一(じゅういちじゅういち)ポテトかな
  光州にもっとも遠く蟬きしみ
  ふきのたうたらんとむらさき袴干す
  死にいそぐ金色鯉よおまへとただよふ
  ゆふやみは鉛のやうにきっちり鳩
  伊勢の風橋の途中からどきどき
  ブロッコリー言葉の釦だいじやうぶ

 同号の四ッ谷龍の句(題は「緑のタオル」)も一句挙げたい。

  大時計の下ぐにゃぐにゃの汽車となる        龍

冬野虹(ふゆの・にじ) 1943年1月1日~2002年2月11日。大阪生まれ、享年59。