2021年9月18日土曜日

大野今朝子「箱庭に戦車も壕も傷兵も」(「甲信地区現代俳句協会・第34回紙上句会結果発表」)・・・


  「甲信地区現代俳句協会会報第98号・第34回紙上句会結果発表」(甲信地区現代俳句協会)、その後記に、


  コロナ禍のもと、昨年に引き続き今年度も吟行会が開ける状況には至りませんでした。唯一の事業として通信による紙上句会が行われ、結果を本号に掲載いたしました。(以下略)(一志)


 とある。ブログタイトルにした大野今朝子「箱庭に戦車も壕も傷兵も」は、愚生が特選に選んだ句である。また、入選に選んだ2句は、


  夏祓森に木の声鳥の声       関 道子

  麦星の光の雫飲み干さむ     岩井かりん


であった。特選句に対する愚生の評は、


 (前略)特選にした句の「箱庭に」は、もはや脳裏に刻まれた記憶の光景の謂いではなかろうか。でなければ、もともとが、山水、名勝地を模した風流の慰みであった「箱庭」に、わざわざ戦場という宇宙を映しだすことはしない、といささか勝手な読みをしてみた。「箱庭」が歳時的に夏のものであれば、なお、そこに込められた戦場の光景は様々な思いを喚起させる。


 と記した。ともあれ、以下に、各選者の特選句を挙げておこう。


  蟬の去り己を探すごとき木よ     原田宏子 (秋尾敏選)

  風草のささやきばかり君の死後    小林貴子 (神野紗希選)

  変りゆく己が顔(かんばせ)梅雨穂草 堤 保徳 (宮坂静生選)

  鵼鳴くやとりとめもなき自画自賛  高橋佳世子 (城取信平選)

  論語喰らひ頭でっかの紙魚走る    宮坂 碧 (中澤康人選)

  滝落ちて一途に森の黙を解く     小澤斉子 (佐藤文子選)

  箱庭に戦車も壕も傷兵も      大野今朝子 (小林貴子選)

  八月やマンゴー色の灯が点り    一志貴美子 (窪田英治選)

  八ヶ岳岸壁に干す登山靴      斉藤文十郎 (島田洋子選)

  楸邨よ兜太よ蟇の聲ひびく     西村はる美 (久根美和子選) 



 撮影・鈴木純一「フェンスから出ちゃ駄目ふうせんかづらでしょ」↑

2021年9月17日金曜日

古谷泉「鳩尾も鎖骨も深し秋の水」(『水の出会う場所』より)・・・


  魚住陽子『水の出会う場所』(駒草出版)。挿画・加藤周。つい先日、「魚住陽子さん(うおずみ・ようこ)=作家、本名加藤陽子(かとう・ようこ)8月22日、腎不全で死去、69歳。葬儀は近親者で営んだ。喪主は夫一夫(かずお)さん。埼玉県出身。89年に『奇術師の家』で第1回朝日新人文学賞を受けた」という訃報記事(9月1日)に接した。どこかで聞いた名だ、と思った。一時期、愚生が作品評を書かせていただいていた俳誌「らん」70号の皆川燈のエッセイを思い出したのだ。それには、


  俳句がところどこに配された美しい小説に出会った。(中略)

  舞台はリタイヤした六十代の夫婦が住む避暑地で有名なK町。夫婦のもとへ年数回。俳句仲間が吟行に訪れるようになって数年がたつ。夫は吟行で訪れるメンバーの一人、泉という女性にひかれている。

 かれは泉のことを思い出すとき、句会で出された彼女の句を思い出す。

  鳩尾も鎖骨も深し秋の水

  塩壺に匙残したり雪籠り

 俳句は、ストーリーのところどころに、まさに滾々とあふれる泉のように湧き出て、深々とした余韻を残す。登場人物たちの思いを凝縮させているだけでなく、楽譜に例えればアクセントや休符や転調の記号のように小説の流れに静かな起伏を形づくっていく。俳句と散文が見事に響きあう世界に魅了された。

 魚住陽子が登場した九〇年代、私は『奇術師の家』や『公園』を読んでたちまち引きつけられた。(中略)

 俳句が大好きな魚住陽子の小説世界と不可分の詩の泉であることが何だか無性にうれしかった。


 とあった。従ってブログタイトルにした人名も句も、すべて小説のなかでのものだ。その水の出会う場所での会話がある。


  (前略)一瞬、私たちは指一本髪一本触れずに、同じ水に触れ、抱き取られ、縒(よ)りあわされながら、一緒に飲み込まれた。

 「この湿原にはたくさんの泉が隠されていて、その地下水が集まって流れている。歩きながらずっと、ここは水が出会う場所だと思っていました」

 そうか、ここは水が出会う場所なのか。二本の濡れた木のように、草原の岸に立ちながら僕をここに導いてくれた彼女に、言葉では言い表せない神秘的な力を感じていた。


 ともあれ、作中には、多くの句があるが、その中からいくつかの句を挙げておこう。合掌。


  御神渡り罠はまっている夕陽      泉

  草莽や虹の門立つ家を出て

  雪原の無音も尽きし信濃川

  将来は鳥博士になる毛糸帽

  まて貝や身体というぬるい水

  水芹の水に汚れていたりけり  

 

  水餅の膨れに似たる一日かな     浩二

  どの花の蜜とも知らず朴の匙

  戻り梅雨水につまづくあめんぼう

  草の実のはぜて無頼の土となり

  百夜かけ木の実を落とす山であり

  大葦切騒ぎやめたる野の訃報


  白きもの短冊に切る夏料理       

  萩の月寝台二つ繋ぎをり       

  花梨漬け猿梨を漬け日々を漬け

  犬の子の従者とならん春の泥


 魚住陽子(うおずみ・ようこ) 1951年10月23日~2021年8月22日、享年69.埼玉県生まれ。




★閑話休題・・・犀星「秋ふかき時計きざめり草の庵」(萩原朔太郎・室生犀星『二魂一体の友』より)・・・


 萩原朔太郎・室生犀星『二魂一体の友』(中公文庫)、表4の惹句に、


 僕等はツバぜり合いの刀の下で、永久に黙笑し合っている仇敵であるーー北原白秋主宰の詩誌への寄稿で知り合い、近代詩を牽引する良きライバルとなった朔太郎と犀星。交流を描いたエッセイからお互いの詩集に寄せた序文までを集成する。それぞれが語る四半世紀に及ぶ友情。文庫オリジナル。


 とあって、巻末には、萩原朔太郎の長女・萩原葉子と室生犀星の娘・室生朝子との対談(「第九回犀星忌の集い」1987年3月)が収録されている。それぞれのエピソードが面白い。



     撮影・芽夢野うのき「火の玉の砕け散りゆけ秋夕焼け」↑

2021年9月16日木曜日

宮入聖「葛引くや飛びちる夕日如何にせむ」(「句歌」第十集)・・・


 「句歌」第十集(発行 保坂成夫)。宮入聖の「浮子ひとつ」(句集『暗い絵・草の罠』1992・未刊より)と「一夏不會」(句集『定本 家霊』昭和48年・未刊)の句がそれぞれ登載されている。「作者付記」には、


  本集『定本 夏霊』は昭和四十八年夏の間に書かれた436句全句をほぼ原句のまま収録し定本とした。同年、俳句研究社主催第一回五十句競作応募作「夏霊」50句はこのなかから選んでいる。

 なお、別に『長岡裕一郎筆写 宮入聖一夏一會』(冬青社)がある。


 とある。本誌にはもう一人、小海四夏夫とおぼしき保坂成夫の「窮乏ブログ/1月6日~2月26日」と短歌・保坂成夫「ベランダの風」26首が掲載されている。「窮乏ブログ」の日録はとびとびだが、短めのものと句と歌を以下に紹介しておきたい。


 一月六日 網走湖でワカサギ釣り。いいな、いいなあ。遥か、遥か彼方にゃオホーツク。燃えるこの身は北の果て。

 一月九日 一般的にチェーンソーを使用するなら講習を受けるか、経験豊かな林業家に習うべきと考えられる。

 斧を使った薪割りの消費カロリーは444キロカロリー。テレビ鑑賞は74キロカロリー。雪かきは481キロカロリー。(ラーシュ・ミッテング著「薪を炊く」より)

 一月十六日 ウイルスに打ち勝ったり、消去することは出来ません。それは無益な闘いです。長い進化の過程で、遺伝する情報は親から子へ垂直方向にしか伝わらないが、ウイルスは遺伝子を水平方向に運ぶという有用性があるからこそ、今も存在している。その中の一部が病気をもたらすわけで、長い目で見ると、人間に免疫を与えてきました。ウイルスとは共に進化しあう関係にあるのです。(福岡伸一)

 二月十五日 中国の広州に十万人規模のリトルアフリカがあるそうだ。昨年の春頃から彼らがウイルスを持ち込んだのではないかという情報が飛び交い、アフリカ系は酷い目にあったらしい。いまもその後遺症のなかにあるという。


 カードホルダーに遺書を忍ばせ十四歳の少女はデモに出で行きたるを     成夫

 畳店の跡地にコインランドリーが建ちて回るよ時代は回る

 「桜桃の実れる頃」を聞きながらセルフネグレクトする昨日今日

 不要不急の外出は控へ長雨の八月は読み書き算盤

 「一握りの勝者と圧倒的多数の敗者のカーニバル」ならつい先だっての・・・


 駅でなく水引草のところです        聖『暗い絵・草の罠』より

 くらいくらい絵であった水蜜桃二つ

 ゆきゆきて伏字伏字の夏野原

 帰省子へだれがさいしょにおどろくか

 うめよふやせよ国民的月見草

 日を抱いて合歓まどろみの息すなり      聖『定本 家霊』より

 夏柳かくれごころの昼の道

 銀漢に地の蟲むせびわたるなり

 夢しぼむばかりといひて蟻つぶす 

 蛍見の闇をへだてる水喧嘩



   
 撮影・中西ひろ美「この世にて笑う茸となりにけり」↑

2021年9月15日水曜日

茅根知子「ここからは管理区域となる茸」(『赤い金魚』)・・・


  茅根知子第二句集『赤い金魚』(本阿弥書店)、解説は仁平勝「ときには少女のように」、それには、


 茅根知子の俳句は、しばしば時間が止まっている。というより、彼女の創り出す俳句の場面には、時間を止めたいという願望があるように思う。(中略)

   少年のひとりがやがて虫売に

 こんな風景も懐かしい。虫売りのオジサンを囲んで、少年たちの輪ができている。それを作者は(いかにも少女らしい想像力で!)その一人が虫売りになると勝手に決めている。映画なら、アップで映る少年の顔がそのまま大人の顔に変わり、カメラが引くとそれが虫売りだというショットになる。時間は止まるどころか、タイムスリップしてしまう。私のもっとも好きな句だ。

 もしかして私は、茅根知子の「少女」性にこだわり過ぎるだろうか。けれども、子供の心を持たない詩人(俳人)とは形容矛盾でしかない。読者は『赤い金魚』のなかで、たぶん何度となく自身の遠い記憶に遭遇すると思う。


 とある。また、著者「あとがき」には、


 本当に長い時間が経ってしまった。『赤い金魚』は私の第二句集である。第一句集から、気がつけば十七年が経っていた。この間、まわりの状況は大きく変わった。俳句を教えて下さった今井杏太郎はもういない。ひとりで選をしているとき、いない人のことを強く意識した。句集のタイトルは、下町を吟行しているときに詠んだ〈永遠に泳いで赤き金魚かな〉から取った。先生が「知子さんらしいですね」と言ってくださる気がして、決めた。


 と記されている。ともあれ、集中より、愚生好みに偏するが、いくつかの句を挙げておきたい。


  朧夜の部屋いつぱいに鳥の羽根       知子

  東京はあをぞら紙の鯉のぼり

  先生と遊んで春の野にをりぬ

  ひとりづつ帰るところが春の暮

  麦笛を乾ききつたる空へ吹く

  地下道にゐる人間ときりぎりす

  孑孑の許可なくつぎつぎに増ゆる

  天高し真ん丸の目の鬼瓦

  画用紙の絵が貼りつけてある襖

  明るさを間違へてゐる海鼠かな

  青い絵を行列のゆく寒さかな


 茅根知子(ちね・ともこ) 1957年、東京生まれ。




★閑話休題・・アンサンブル・イマージネ2021コンサート「音楽と映像のコンサート」(10月2日〈土〉14時開演 於:新宿角筈区民ホール)・・・


 ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ+電子楽器からなるアンサンブルユニットENSEMBLE IMMAGINEによる映像と音楽のコラボレーションコンサートです。オリジナル曲やクラシックのアレンジ曲などをスクリーンでオリジナルショートムービー、絵本作家カワチ・レン氏のイラスト世界と共にお楽しみ下さい。(映像協力・夜窓社)

・チケット 一般 3000円(税込)/学生1500円

     親子券 3500円(大人1名/子供2名まで)

     ペア券 5000円

・予約問い合わせ Keim@Keimmusic.com 



      撮影・鈴木純一「縷紅草生まれかわりがあるという」↑

2021年9月14日火曜日

飯島章友「ある日来た痛み 初歩だよワトスン君」(『成長痛の月』)・・・


  飯島章友川柳句集『成長痛の月』(素粒社)、帯文は東直子、それには、


 確かにこの世のことのようで、でもなんだかそんなことはどうでもよいように思えてくる。永遠の興味津々と平熱の茶目っ気が句の中に閉じ込められた。


 とある。また、著者「あとがき」には、


 本句集には、二〇〇九(平成二十一)から二〇二一(令和三)年までの二四八句を収録しています。この十二年間、現代川柳・伝統川柳・狂句的川柳・前句付・短句(十四文字・七七とも呼ぶ)などいろいろなスタイルを経験してきました。そればかりではありません。創作活動の半分は現代短歌に費やしてきました。だからこそ自分の作品はクロスオーバーなのだ、などと言えればかっこいいのですが、とてもそこまでは達していません。ただ、もしもいくらかの多様性と、それをやんわり統一している人格とを感じていただければ嬉しいです。


 とあった。集名に因む句は複数ある。例えば、


   少年は成長痛の器かな           章友

   しおりひも垂らしたままの成長痛

   

 ともあれ、集中よりいくつかの句を以下に挙げておきたい。


  ことだまにたまった水を抜いてやる

  鶴は折りたたまれて一輪挿しに

  浮いてたね鏡文字など見せ合って

  芽キャベツの早口にまだ慣れません

  継ぐ者の途絶えた「流し川柳」だ

  図書館の書庫のどこかに獏がいる

  自画像を描いて殺意を確かめる

  遺伝子が違うのでもう読めません

  はじまりは回転寿司の思想戦

  うっすらと白髪くっきりと昭和

  地球儀をなでゆく夜の ここが痛点

  月の墓場をだれも知らない


飯島章友(いいじま・あきとも) 1971年、東京都生まれ。



  撮影・芽夢野うのき「傷また増えてわれは美しき花韮になる」↑

2021年9月13日月曜日

伊丹三樹彦「古仏より吹き出す千手 遠くでテロ」(『伊丹三樹彦の百句』)・・・


  伊丹啓子&青群同人『伊丹三樹彦の百句 解説と鑑賞』(ビレッジプレス)、謹呈紙に「伊丹三樹彦遺族/伊丹啓子・矢野夏子・Lee凪子」とあった。「本書を泉下の伊丹三樹彦に捧げる」と献辞がある。「あとがき」は遺族代表・伊丹啓子。その中に、


  俳人であり、私の父である伊丹三樹彦は二〇一九(令和元)年九月二十一日に永眠した。満九十九歳七か月の大往生だった。(中略)

 伊丹三樹彦の八十有余年に及ぶ永い俳句人生を概括するには、故たむらちせい氏が示された四期に分けることが出来る。すなわち、先師日野草城主宰の膝下で「靑玄」を編集発行した十年間を第一期。草城師逝去の後、「靑玄」を継いで主幹となり「第二次靑玄」に入った第二期。第二期には三樹彦自身が編集発行業務のすべてを背負った。(中略)第三期。この頃よりかねて願望があった写真を始め、「写俳」のジャンルを創始した。満八十五歳で脳梗塞で倒れ、再起不能と思われながら精神力で復帰した晩年の第四期。(中略) ところで、「第二次靑玄」に於いて伊丹三樹彦が打ち出したテーゼは【リアリズム リゴリズム リリシズム】(三リ主義)であった・リリシズムは本来三樹彦が持ち合わせていたもの。あらゆる時期の句に感じられる。リゴリズムは五・七・五音の「活用定型」が実践された。三樹彦はあくまで「定型感(活用定型を含む)」を重視した。リアリズムであるが、三樹彦はリアリズムの作家である。これは間違いのないところだ。更にそのリアリズムの内容を突き詰めるならば「ドキュメンタリズム」ということになろう。(中略)

 父は行動する作家なのだった。写真界ではカメラのレンズが捉えた瞬間を「一瞬世界の飛翔」と表現したりする。三樹彦の「ドキュメンタリズム俳句」というのはカメラマンの「一瞬世界の飛翔」に似ている。(中略)つまり、その瞬間を実体験しなければできる筈もないのだ。だが、病後の第四期には遠出がままならかった。だからこの時期の句が回想や日常些事の詠出となったのはやむを得ない。父は死の前日までも原稿用紙を放さず、陸続と句を詠み続けたのだった。


 とあった。本書の見開きページには、三樹彦の一句と合わせて解説鑑賞文が置かれている。執筆は第一部50句を伊丹啓子、第二部50句を鈴木啓造、小嶋良之、政成一行、東國人、岩崎勇、魚川圭子、瓜生頼子、鎌田京子,久根純司、など20数名の方々の「青群」同人が執筆している。そういえば、伊丹三樹彦は、「ボクの財産は人です」と言っていたことを思い出す。伊丹三樹彦が病から復帰して、現俳協の大会の懇親会に来た時、双方を認めるが早いか、金子兜太とひしと抱き合っていた姿を今でも思う。わずかだが、その兜太よりも長く生きたのだ。ともあれ、以下にいくつかの句を引用しておきたい。


   長き夜の楽器かたまりゐて鳴らず         三樹彦

   誰(た)がわざや天衣(てんね)あかるむ花菜など

   大阪やラムネ立ち飲む橋の上

   父死して得たり無用の洋杖(ステッキ)まで

   金輪際坐る行者に ガンガ明り

   草城忌 わが還暦の言上(ごんじょう)

   俳句一生(ひとよ) わが和魂(にぎたま)に 下令して

   一碧の天を戴き 彼岸花

   地に残す爪跡 おのが 十七文字(とおななもじ)

   みほとけに秋かぜの瓶(みか)かろからむ

   梅咲くと 生死の 生の側を行く

   摘むは防風 あれは墓だか石ころだか

   杭打って 一存在の谺 呼ぶ

   抱けば子が首に手を纏(ま)く枯野中


伊丹三樹彦(いたみ・みきひこ) 1920・3・5~2019・9・21 兵庫県伊丹町生まれ。享年99。



      撮影・鈴木純一「菅、総理やめるってよ!マジか?」↑

2021年9月11日土曜日

大高霧海「生あらば句の鬼なれや竜の玉」(『鶴の折紙』)・・・

 


 大高霧海第7句集『鶴の折紙』(本阿弥書店)、その「あとがき」に、


 (前略)第七句集『鶴の折紙』は平成二十五年から同三十年の間の三七一句を収録した。句集名は〈大統領の鶴の折紙淑気満つ〉から採用した。オバマ大統領が平成二十八年五月二十七日、米軍により原爆投下された広島市を訪れて今年五年になる。その日に私はたまたまこの「あとがき」を書いている。現職の大統領が広島市を訪問し、原爆資料館・原爆ドームを見学し、慰霊碑に献花して被災者を慰霊された。戦後七十一年にして初めてのことであった。そして原爆の残り火の「平和の火」の前で十七分にわたる演説が、謝罪は別にして大統領の良心にあふれ、核兵器の非人道性を現実に確認した上で、広島・長崎の罪科(つみとが)なき被災者に追悼の言葉をかけたことは画期的であった。(中略)「なぜ私たちはここ広島を訪れるのか。私たちはそう遠くない過去に解き放たれた恐ろしい力に想いをはせるために訪れたのです。十万人を超す日本人の男女そして子供たち、何千人もの朝鮮人、十数人の米国人捕虜を含む死者を悼むために訪れるのです」と広島訪問の使命を述べ、「私の国のように核を保有する国々は、恐怖の論理にとらわれず、核兵器なき世界を追求する勇気を持たなければなりません」と世界平和を宣言している。最後に「しかし今日、この街の子供たちは平和に暮らしています。 なんて尊いことでしょうか。それは守り、すべての子供たちに与える価値あるものです。そしてそれは私たちが選べること出来る未来です。広島と長崎が『核戦争の夜明け』ではなく、私たちが道徳的に目覚めることの始まりとして知られるような未来なのです」と結んでいる。(中略) 

 私は日本が二度と戦争をしてはならないと、ひたすら祈念している。私は原爆投下の日はまだ小学生であった。夏休みであったので、広縁で「幼年俱楽部」という雑誌を読んでいたときであった。ピカドンの「ドン」の音を確かに聞いた記憶が今でも残っている。(中略)その夕刻から黒い雨が降り始め、わが町に多くの原爆被災者が避難して、小学校校舎に収容された。母は婦人会のメンバーとして看護に動員された。そして日々死亡する人が多く、小学校の運動場で火葬に付されていた。この悲惨な記憶が今でも明白に残っている。


 と記されてあった。思わず長い引用となってしまった。ともあれ、本集よりいくつかの句を挙げておきたい。


   朧夜や地球おぼろの中にあり       霧海

   十薬や野にあり祈り忘れざる

   パスカルのパンセに耽る冬木かな

   鷹鳩に原爆ドーム群翔す

   アテルイの怒りもまぎる虎落笛

   走馬燈考妣(ちちはは)と逢ふ媒(なかだち)

   夜なべてふ昭和貧乏物語

     「風の道」三十周年

   三十年の菊の賀客に先師も在り

   忍を持せし妣の生涯寒椿

   昭和の日激動の焦土と敗戦と

   虹の橋島より出でて未完成

   白寿まで生きれば亀も鳴くでせう

   銀河仰ぐ戦あるなと兜太の声

   

 大高霧海(おおたか・むかい) 昭和9年、広島県生まれ。



     芽夢野うのき「政局はバタバタひまわりは作りもの」↑