2020年10月28日水曜日

赤澤敬子「父の戦死母の戦後を蛍飛ぶ」(「第57回現代俳句全国大会入選作品集」)・・・


 「現代俳句」11月号臨時増刊号(現代俳句協会)、まるごと一冊「第57回現代俳句全国大会入選作品集」(主催・現代俳句協会、後援・文化庁、毎日新聞社、読売新聞社、朝日新聞社、中日新聞)である。応募句総数14535句。去る10月25日に、名古屋市の名鉄ニューグランドホテル開催予定のもろもろの行事は、新型コロナウイルスの感染拡大により中止された。とはいえ、愚生も選者の一人だったので、まずは愚生が特選に選んだ句が5句記録されているので、作者に敬意を表して挙げておきたい。特選1位はブログタイトルにした句である。

   父の戦死母の戦後を蛍飛ぶ       赤澤敬子

   生きている骨抱く痩せた膝を抱く    直江裕子

   雲は気を樹は影を吐き八月来      夏木 久

   ははの戦後はわれの戦前百日紅     加藤遊名

   令和はや祈りに満ちて返り花      吉倉紳一


 選考はどうしても、各選者の点の多く入った高点句が受賞の栄にあずかるので、ある種の大衆性、一般性、通俗性の有している句にならざるを得ないところがある。ともあれ、以下に大会賞などを記しておきたい。

  

  白シャツの青田匂ひして乾く     武市忠明(現代俳句大賞)

  二人しか入れぬ木陰沖縄忌      岡本千尋( 同上  )

  未来だけ見てゐた頃やソーダ水    柾木幸子(毎日新聞社賞)

  ヴィーナスの誕生のごと木の根明く  吉池史江(読売新聞社賞)

  どの子にも違ふ空ありしやぼん玉   杉山一川(産経新聞社賞)

  蛇は全長以外なにももたない     中内火星(朝日新聞社賞)

  六十秒前の青空広島忌        有本仁政(中日新聞社賞)

  履歴書を書かぬ一生種を蒔く     飯田順子(俳句のまちあらかわ賞)



        撮影・鈴木純一「人ヲ見タラ葉ッパ一枚咥へナサイ」↑

2020年10月27日火曜日

武馬久仁裕「ゆっくりと一人が去った後に立つ」(『新型コロナの季節』)・・・


  ネット名古屋句会編・句集『新型コロナの季節』(黎明書房・909円+税)、このところの黎明書房社主・武馬久仁裕の俳句道楽には、ますます磨きがかかってきたようである。「黎明俳壇」に続き、「船団」解散・散在の結果、船団名古屋句会は消滅し、名古屋句会として再構成、それもコロナ禍を機にネット名古屋句会の実践として力を尽くしている。そして、この度のネット句会の合同句集は、選評を付けての刊行となったらしい。その「はじめに」には、

 (前略)たとえば、マスクという冬の季語は、春夏秋冬の四季を越えて、新型コロナの季節となりました。

 そんな季節の中で、俳人たちがどう俳句を書き、どう俳句を楽しみ、どう生活したかを、句集『新型コロナの季節』を通してご覧ください。

 なお、この句集は、四、五、六、七月の句会に出た俳句を、テーマごとに編集したものです。また、句会で出た選評も少しですが、収録しましたので、投句された句とあわせてお読みください。


 とある。ともあれ、本集のなかから、「Ⅳ いずこへ/ー不機嫌、不快、不況、不安定、不ばかりがただよう世界でも、不羈のこころを秘めて歩もう」の章、「暗闇つづく四月」の一人一句を挙げておきたい。

    

    活発な暗闇つづき四月尽          滝澤和枝

    コロナ去りインフルが来てサクラ咲く    渡邊清晴

    少年はいま変声期鳥雲に         原しょう子 

    安否問うメール蒼く光る春         桜川凍子

    覚醒の手元狂ひしつつじかな       松永みよこ 

    耳鳴りのざわつく日なり罌粟の花      太田風子

    パンデミック自然淘汰の進化論       前野砥水

    白藤や影あらはれし風のあと        廣島佑亮

    告げぬこと決めて揺らぎて花菜漬      鈴木芝風

    ビバークのかすかな灯り冬の山      星河ひかる

    4dの胎児のあくびうららけし      尾崎志津子

    マスクして玉虫色を生きている      武馬久仁裕





★閑話休題・・・雨宮処凛「進化する貧困ビジネス」(「東京新聞」2020年10月21日夕刊)・・・

 愚生はかつて某地域合同労働組合の役員をしていたと、もう14,5年は以前のことだが、雨宮処凛に講演を依頼したことがある。本「東京新聞」コラム「紙つぶて」の肩書には「作家、活動家」とあって、その健在ぶりを興味深く読ませていただいている。フェイスブックなどを見ると、俳人諸氏も[Go Toトラベル」とかでけっこう盛り上がっているようである。雨宮処凛のコラムには、以下のようにあった。果して・・・


 「Go To トラベルで旅行を楽しんでいる人たちを見ると、自分との落差に苦しくなる」

 最近、コロナで失業した日tからよく耳にする声だ。宿泊・観光業界などを応援する意味はよくわかるが、「Go To トラベル」に予算が追加されるのであれば、なぜ、食べるにも事欠く自分たちが顧みられることはないのかという疑問。

夏以降、支援団体に寄せられるSOSの声は一層深刻になっている。派遣会社の寮で仕事もお金も食料もなく、「十六日間水だけで過ごした」という男性。ここに来て女性からの相談も増えている。(中略)

 最寄り駅からは徒歩一時間以上。ハローワークまで二時間以上。保護費が振り込まれる日には施設の職員がカードリーダーを持参して現れる。わざわざお金を引き出さなくても確実に代金を回収できるという仕組みだ。このように、国の支援ではなく民間の貧困ビジネスばかりが「進化」してきた十数年。

 コロナ禍を機に、日本の脆弱(ぜいじゃく)なセーフティーネットや不安定雇用を根底から立て直す。そんな議論ができないだろうか。



          芽夢野うのき「毬を出て考えている母の栗の実」↑

2020年10月26日月曜日

山本つぼみ「虹の根に数へきれざる落し物」(『伊豫』)・・・


  山本つぼみ第6句集『伊豫』(日相出版)、著者「あとがき」には、


 「伊豫」は私の第六句集となります。亡き夫山本邦夫の出自、愛媛県松山市を拠り所とした「磯千鳥亡夫育てしは伊豫の海」からの題名で、夫逝いてとりのこされた五年の歳月に瀬戸内の海の蒼さを思わない日はなかったことへの追認ともなりました。

 どう足掻いても二〇二〇年の十二月十日には八十八歳です。それなりの倖せな人生を歩き通すことが出来たのは、身めぐりのすべての方々のお陰であると思っています。


 とある。そして、また、


 八十八歳も通過点の一つという平常心は持ち合わせているつもりですが、区切りの意味で『依知』以后の句をまとめることを思いつきました。夫の祥月命日の五月二十四日までの二〇二〇年です。今となっては俳句がすべてであったように思われ、そして何と倖せな人生だったのかと、あらためてふり返っております。自由に表現が出来る世の中であったことも、戦争で多くを失った代償としての「平和」の中での自由として大切に守り続けなければならないと思っています。言論弾圧のいつか来た道の暗雲も感じられる昨今、再び戦争への道に逆戻りさせない爲の努力は今後も続けます。


 との志も披歴されている。それにしても、いちいちは挙げきれないほどの多くの追悼句が、本集を満たしている。それだけ、多くの大切な人を見送られてきたのだと思う。そういえば、金子兜太は、毎朝、立禅をするとき、毎回、亡くなった朋の名を一人一人口の端に、呟き、100人ほどになると、その立禅を終えると言っていた。それだけ、長い人生を経てきたということでもある。ともあれ、集中より、愚生好みに偏するが、いくつかの句を挙げておこう。

   

    海よりは上らぬ遺骨敗戦忌         つぼみ

       三・一一・気仙沼を思う

       泰子よ、道代、汀秋、照男、三重子・邦泰よ、

       そして光洋の家族よ。

    生きてあれ生きよ余寒を釘づけに

    九十九鳴(くぐなり)の鳴砂椿の潰えしか

    梅林を抜けここよりは殯(もがり)の森

    逢ひたしや供花に九月をあふれしめ

    空耳にふりむく虛(うつ)け著莪の花

    殉国に風化はあらじ冬月光

    それぞれの切符片道木の実落つ

    何負うて還られし神被曝地に

    予科練を死語とせし世の寒き駅

    地の塩を欲る核まみれの佐保姫

    雪沓や否応もなき誕生日

    あさなさの献茶本日養花天


山本つぼみ(やまもと・つぼみ) 1932(昭7)年、厚木市生まれ。



        撮影・鈴木純一「曼陀羅華暗くなるまでここで待ちます」↑

2020年10月25日日曜日

森瑞穂「道化師の素顔は知らず鳥渡る」(『最終便』)・・・


 森瑞穂第一句集『最終便』(ふらんす堂)、序は片山由美子「きらりと輝く」、その終わり近くに、

  

    波音の夜をつらぬく寒さかな

     海へ来てつひに水着になれずゐる

 瑞穂さんが生まれ育ち、今も住んでいる岐阜県には、言うまでもなく海がない。海は瑞穂さんにとって憧れの場所か、詩情をかきたてる素材のようだ。(中略)

 時々登場する東京も、瑞穂さんにとっては俳句の女神が住んでいるところなのだろう。これからも想像力豊かに、そして自身の感覚を信じて、個性的な俳句を作ってほしい。

 もっと広い世界がきっと待っているはすである。


 と記されている。また、集名に因む句は、


    星涼し最終便に灯のともり       瑞穂


 であろう。そして、著者「あとがき」には、


  二十代のはじめに俳句をはじめて、気が付けば、私は人生の半分を俳句とともに過ごしてきたことになります。楽しく俳句を詠んでいた二十代。子育ての一番忙しい時期だった三十代は、迷いの時期でもありました。それは俳句を詠むことに対する迷いではなく、私自身の俳句作品に対する迷いでした。四十代目前にして「狩」に入会。「狩」から「香雨」へと変わりましたが、結社の学びのなかで、その迷いはなくなり、ただひたむきに、俳句を詠んできました。(中略)

 俳句は、いつも私に寄り添い、どんなときも救ってくれます。

 これからも、俳句を詠んでいけたら、私はきっとしあわせだと思います。


 とあった。ともあれ、集中よりいくつかの句を挙げておこう。


   暑き夜の積み木の崩れ易きかな

   求人誌のこる暑さのなかにひらく

   産み終へしあとの微熱や夏の雨

   あぢさゐや昼間は誰もをらぬ家

   つけなおす釦八月十五日

   看板は端から錆びて秋の雨

   消しゴムで消せぬ言葉や冬灯

   東京の空の明るき星祭

   ポケットの何にふくらむ春の風

   泣きやまぬ子にしやぼん玉吹いてやり

   サングラスはづせば眼濡れてをり


 森瑞穂(もり・みずほ) 1972年、岐阜県生まれ。


       芽夢野うのき「ベートーベン流るる岸辺鶏頭花」↑

2020年10月24日土曜日

高篤三「白の秋シモオヌ・シモンと病む少女」(「俳句界」11月号より)・・・


  「俳句界」11月号(文學の森)、特集は「今もひびく昭和の名句・前編」で、今号は明治生まれの50人の昭和に詠んだ名句を紹介するというものだ。なかなか壮観である。総論は青木亮人「述志の文業」である。いつもながら、青木亮人の筆法は小気味良い。昭和の俳句を貫く根が「述志の文業」とは、その特質をよく掴んでいると言えよう。冒頭には、


 昭和俳句を日本韻文史上の高峰に押し上げたのは、明治生まれの俳人だった。例えば、「ホトトギス」昭和二年九月号の雑詠欄を見てみよう。

 啄木鳥や落葉を急ぐ牧の木々    秋櫻子

 蟻地獄みな生きてゐる伽藍かな    青畝

 方丈の大庇より春の蝶        素十

 七月の青嶺まぢかく溶鉱炉      誓子

四Sと称され、史上に名を刻む彼らの傑作が同月号に並ぶさまは圧巻である。


 と書き出し、


いずれも前例のない破天荒な句ばかりで、彼らは二十代半ばから三十代半ばの若さであり、全員が明治生まれだった。(中略)

 昭和俳句が壮観なのは、その「ホトトギス」に与することを潔しとしない俳人からも続々と傑作が生まれた点にある。

 ちるさくら海あをければ海へ散る   窓秋

        (「馬酔木」昭和八年四月号)

 算術の少年しのび泣けり夏      三鬼

 緑蔭に三人の老婆わらへりき     同

      (「京大俳句」昭和十一年八月号)   (中略)

 明治に生まれ、大正、昭和と生きた彼らの時代はあまりに激動で、彼らの負った傷は深く、心の闇は黒々と淀んでいた。その激情は怒髪天を衝き、豊かな喜悦は世界を覆いつくすばかりの大きさがあり、何より志や信念を本気で抱きえた人々だった。


 と記している。青木亮人は、ほかに同誌同号には「近現代俳人の肖像」を連載しており、今回の特集の伏線であるかのようである。今号はその第11回「富安風生/逸話のさざめき、句の面影」である。その結びに、


 ようやく全ての役職から離れた戦後のある夏、風生は山中湖畔の山荘に滞在する。時に七十一歳、句作に励んで四十年が経とうとしていた。山荘で早朝の暁方に起床した風生は、湖の向うに富士山を眺めている。(中略)この無償に満ちた荘厳な大景こそ、風生が生涯を費やした仕事と句業の中で信じ、求め、一心に磨いてきた精神のありようを体現していたのではないか。

  赤富士に万籟を絶つ露の天

  

 愚生は、本特集50人以外に零れた、あまり世間には知られていないが、過酷な戦前に、見逃せない句を残した人々を、不十分ながら「補遺~その他の俳人たち」として、これもほぼ同数の50名近くの句を抽出した。併せて、以下に、いくつかの句を以下に紹介しておこう。


   奥白根かの世の雪をかがやかす       前田普羅

   誰彼もあらず一天自尊の秋         飯田蛇笏

   湯豆腐やいのちのはてのうすあかり   久保田万太郎

   いなびかり北よりすれば北を見る     橋本多佳子

   夏痩せて嫌ひなものは嫌ひなり       三橋鷹女

   人類も天下の蠅や舞舞(ブブ)・舞舞(ブブ)・(ブ) 永田耕衣

   ものの種にぎればいのちひしめける     日野草城

   切株は じいん じいんと ひびくなり  富澤赤黄男

   大戦起るこの日のために獄をたまわる    橋本夢道

   美しき緑走れり夏料理           星野立子

   死ねば野分生きてゐしかば争へり      加藤楸邨

   雪だるま星のおしやべりぺちやくちやと  松本たかし 

   しんしんと肺碧きまで海のたび       篠原鳳作

   てんと虫一兵われの死なざりし       安住 敦  

   子にみやげなき秋の夜の肩車       能村登四郎

   屋根屋根の夕焼くるあすも仕事がない   栗林一石路

   白藤や揺りやみしかばうすみどり      芝不器男

   歳晩やキネマはねたる市の塵       吉岡禅寺洞

   陽へ病む                 大橋裸木

   あめふるふるさとははだしであるく    種田山頭火

   血に痴れてヤコブのごとく闘へり      神崎縷々

   ラガー等のそのかちうたのみじかけれ    横山白虹

   桐の花天ににほへり地に輪舞(ろんど)   藤田初巳

   戦闘機ばらのある野に逆立ちぬ       仁智栄坊

   葉桜の中の無数の空さわぐ         篠原 梵

   山陰線英霊一基づつの訣れ        井上白文地

   特高が擾す幸福な母子の朝         中村三山

   桜濃くヂンタかするゝ夜空あり       石橋秀野

   なにもかもなくした手に四枚の爆死証明 松尾あつゆき

   くろぐろと雪片ひと日空埋る        相馬遷子 

 


       撮影・鈴木純一「すが漏りの月いやいやと真ん中に」↑

2020年10月23日金曜日

原満三寿「迷い風ときにはガラスを磨きあげ」(『齟齬』)・・・



 原満三寿第7句集『齟齬』(深夜叢書社)、帯の背の惹句に、「ポエジーと俳諧」とあり、表紙帯には、


   万緑や/還らぬ馬が/駆けぬけり

山川草木悉皆成仏ーどよめく生命の諸相をあざやかに掬い、「還らぬものを還さんと」する魂鎮めの第七句集。

 遊行する精神、〈俳諧自由〉の極致


とある。集名に因む句は、巻尾の


   齟齬を巻く還らぬものを還さんと       満三寿


であろう。そして、著者「あとがき」によると、


 このたびの『齟齬』という題には、各別深い意図はありません。昨年、書家の石川九楊氏の『石川九楊自伝図録 わが書を語る』(左右社)を読み進めていると「齟齬」という語にいきあたって、その四角張った頑固そうな字面は、わが面構えに似ているかと思いましてね。そしてその脱臼したような意味合いの面白さにも惹かれたのです。字統によれば、擬声的な語といいます。

 氏も「『齟齬』という作品がぼくの八〇年代のデザイン的な発端となりました」と言っておられるところから、私と共感するところがあったのではと愚考します。

 と記されている。また、年内には「八十才になります」とあって、愚生が原満三寿に、多賀芳子宅の句会で初めてお会いしたときから、ほぼ30年の歳月が経っているのかも知れないと、感慨が湧いた。それ以後、思いがけず、インドネシアの影絵芝居、ガムランの演奏など、ワヤン協会の催し、また、吉祥寺での金子光晴展(彼は金子光晴研究の第一人者でもある)などでお会いして以後、これはもう20年近くはお会いしていないのではないかと、思ったのである。最初にお会いしたときは、たぶん、金子兜太の「海程」が主宰誌になった直後?くらいで、すでに「海程」を大石雄介、谷佳紀などとともに辞され、「ゴリラ」という同人誌を発行されていたように思う。ともあれ、集中より、愚生好みになるが、いくつかの句を挙げておきたい。 


   日だまりがうごけば死人もうごくかな

   陽とつるみ溶けて忘我の雪うさぎ

   臨死のA幻肢のOや夏果てる

   どの面もその面なりの犬ふぐり

   降る雪やお伝は斬首・新平梟首

      *高橋お伝は最後の斬首刑、江藤新平は最後の梟首刑

   太棹は弾くか叩くか蕎麦の花

   ある犬は夕焼雲まで延びをする

   鬼退治かみかぜ桜ええじゃないか

   枯蟷螂〈さびしさだけが新鮮だ〉

   むざんやな瀕死の白鳥 死ねず舞う

   青柿の照りもすっぽりポケットに

   お生れもお迎えもあり熱帯夜

   じゃんけんぽんあいこがなくてくれのこる

   夜行性の噬(か)んだる臍(ほぞ)にも喜寿きたる

   老い桜 水面のおのれに あんた誰

   三春を二人部屋にて一人病む

   

  原満三寿(はら・まさじ) 1940年、北海道夕張生まれ。



       芽夢野うのき「見えない光が枯れすすむ日烏瓜」↑

2020年10月21日水曜日

井口時男「断腸花骨を拾ひに行く朝の」(「てんでんこ」室井光広追悼号)・・・


 「てんでんこ」室井光広追悼号(七月堂・てんでんこ事務所)、一冊まるごとの追悼号である。巻頭は、病床の室井光広と金子昭とのメールの交換を記録したもので、「室井光広の古い携帯電話に、《ゲンテルセン通信スムーレ篇》と名づけられた、送受信合わせて150通ほどのメールが残されていた」のだ。


 「ゲンデルセン」はキルケゴールのキーワード「受取り直し」のデンマーク語ゲンターエルセ(Gjentagelse)とアンデルセンの「sen」(息子の意であり、「遅れた、遅い」の意もある)を結び付けた造語。本人好みの自称でもあり、「遅れてやってきた後輩」にぴったりの呼び名(幻弟生とも表記)として大学の後輩にあたる6歳違いの金子昭氏に対して使われた。

 スムーレ(Smule)は「断片、破片、屑片、かけら」の意のデンマーク語。これを「欠け端」は「架け橋」に通じるとしていた。


という。短い部分を以下に抄録する。


19日 15:59

薬剤がここまで「複雑」になると医者は痛苦経験に関しては何もできない・・・その点、近代医学130年に対して、前近代1300年の歴史をもつはり・きゅう・あんまは、天理教と似た、説明できないパワーをもつ・・・何年も前から不可思議な「縁」で結ばれた友人の鍼灸師、僕は「くす師」と呼ぶが、・・・この人にしょっちゅう病院に来てもらえている・・・詳細は不明だが、金子さんは来年この人に会う定め・・・(笑)・・・室井

 19日 16:23

 近代医学の歴史を十倍超える伝統医学というのはすごいことです。「くす師」の先生が

 痛みの癒しを引き受けて下さるわけなのですね。私もちょっと安心いたしました。来年

 お目にかかることを、私も楽しみに。金子昭拝


 他に、吉田文憲「空域」、佐藤享「切手のような土地ー室井さんとの思い出」、田中和生「世界文学をあざなうー室井光広論序説」、平田詩織「星と/またたく」、綱島啓介「縄文の狼煙」、村松真理「従姉の居どころ」、田中さとみ「F」、山岸聡美「向島たより」、山岸加豆美「室井先生とのこと」、長内芳子「驚愕の数珠」、角田伊一「オッキリの人、室井光広」、金栄寛「ルンペルシュティルッヒェン」、川口好美「随想ージェイムス・ジョイスと『エセ物語』」、藤田直哉「『おどるでく』考」、杉田俊介「室井光広論その序論の門前ノート」、山本秀史「『星に祈るということ』のこと」、ここでは、井口時男「追悼句による室井光広論のためのエスキース〔増補版〕」のなかから、多くを引用したいところだが、スペースがない。若干の句と文ひとつを以下に紹介しておきたい。

(前略)

   君逝くや秋たまゆらの黒揚羽       

   黒い揚羽の影がちらつく水の秋

 「たまゆら」には「魂揺ら」の意が「エコー」するだろう。その背後には原義だという「玉響(たまゆら)」(巫女の手にした玉が触れ合って鳴る)も「エコー」する。それなら鎮魂または死者の霊魂を賦活するための「魂振り」の意味もこもるはずだ。

「エコー」は室井光広の愛用語である。言葉(文章)を読むとは、眼前の言葉(文章)の背後から聞こえてくる「エコー(こだま)」を聴き取ることなのだ。室井によれば、古今東西の全言語空間(全文学空間、全テクスト空間)は言葉同士が触れ合って反響し合う「エコー」の宇宙なのである。

 夜になってから多摩川の土手に立ってみた。夜空は霽れていたが、月はなく、私の眼には星もよく見えなかった。

   

   銀河茫々君よく隠れよく生きたり


 「よく隠れた者はよく生きた」はオヴィディウスに由来するラテン語の諺で、デカルトの座右の銘であったらしいが、私は秋山駿のなにかのエッセイで知ったはずである。

 たしかに室井光広は「よく隠れた」。彼は東日本大震災の翌二〇一二年春に東海大教員を辞めて文芸ジャーナリズムからも「隠遁」した。(中略)私の中途半端な「隠遁」とちがって彼の「隠遁」は徹底していて、諸雑誌編集部にわざわざ申し入れて雑誌寄贈すべて断り、「文芸年鑑」からも名を削除してもらったという。

 しかし、彼はその年の末に雑誌「てんでんこ」を創刊した。誌名は、津波が来たらとにかく「てんでんこ」(一人一人)で逃げろ、という、大震災後に話題になった東北の格言に由来する。(以下略)

 

   棺にりんだう大字哀野を花野とす        時男

   秋さびし木霊かそけき森に来て

   行間に魑魅(すだま)隠れる秋灯下

   手習ひの兄おとうとよ霧の村

   名刺あり「私設月光図書館司書」

   あんにやとて書(ふみ)読む秋を木挽唄

   黄落の中を眼病みの独学者

   鵙の贄なほあざらかな耳と舌

   言語野はヨミの花野ぞ踏み迷へ


室井光広(むろい・みつひろ) 1955年1月7日~2019年9月27日



         撮影・鈴木純一「音ひとつ外れていたり鰯雲」↑