2017年6月23日金曜日

四ッ谷龍「暗く邈(ふか)き声のかたまりとして生きる」(「むしめがね」No.21)・・



「むしめがね」No.21は四ッ谷龍の個人誌である(かつては、今は亡き冬野虹と二人誌だった)。特集1「中西夏之さんをしのんで」は黒田悠子インタビュー記事。ここでは特集2、四ッ谷龍句集『夢想の大地におがたまの花が降る』にのみに触れておきたい。
今号に収録した私の作品は『夢想の大地におがたまの花が降る』に収録したもの、および同時に制作して句集に入れなかったものである」(後記に相当する「ルーペ帳」より)と述べいて、約700句が掲載されている。論の執筆者は鴇田智哉「そこはかとない兆し」、堀本裕樹「韻律に在する空と誦経性」、北大路翼「重層的挑戦」、そして一句鑑賞は今井肖子、仮屋賢一、マブソン青眼、宮本佳世乃の各氏。それぞれに四ッ谷龍の句の特質をとらえて読ませる。多くは四ッ谷龍の俳句観に寄り添った論だったが、北大路翼だけは、自分の俳句観の主張をきちんと書いて、四ッ谷龍の句の在り様をよく分析していたように思う。例えば、

  なななんとなんばんぎせるなんせんす

掲出句は「な」の頭韻の一連の一句目。(中略)
非常に巧みでバランスはよいが、逆に巧さだけが目立つてしまひ成功してゐないと思ふ。頭韻で読むならば、頭韻によつて自分の語彙を越えた奇跡の一語が欲しい。正木ゆう子の〈ヒヤシンススイスステルススケルトン〉はしりとりがなければ、「ステルス」に辿り着けない必然性があった。

また、「安皿・造花あふれてリサイクル店の暑気」については、

素材、リズムともに僕好みな一句。あふれても店内を的確にとらへてゐると思ふ。一言文句をつけるとすれば安皿の「安」の一語。この一語の所為で通俗的になり過ぎる。音数は合はないがプラスチックの皿とかにして、チープ感を出してほしかたつた。

と言う具合である。なかなか濃密な一冊であった。
ともあれ、どの句を引いてもいいのだが(一句のみではなく、句の流れを読むのが相応しく思われる)、いくつかを以下に挙げておきたい。

   縄文人乗ってきてバスパンクかな    
   山百合を薄暑の裂け目とも思う
   君は一本の川だ静かに覚めている
   冬の雨鶴の膝へと吹きつけぬ
   冬の噴水小さな虹をひらきけり
   バッティングセンターの打音が夏を浄めている
   ひごくさにふれた指から黄泉へ飛ぶ
   NEXT!粘土でつくれネクタイを
   糸電話そっちの空の色は赤
   秋暑し猿は鎖をもてあそび
   ニュートンの対称式へ降るおがたま
   おがたま咲く黒猫は歯を剥き剥き行く
     





2017年6月20日火曜日

横沢哲彦「梟や頼りの母に忘らるる」(『五郎助』)・・



横沢哲彦『五郎助』(邑書林)、句集名は次の句に因む。

  吾郎助や寝つかれぬ夜は寝てやらぬ     哲彦

五郎助はゴロスケホウホウ、フクロウのこと。序文の小川軽舟はこの句について以下のように記している。

 横沢さんの自画像の秀作。何かに腹が立って仕方ないのか。あるいは家族に心配事でもあるのか、蒲団を被っても目が冴えるばかりなのだ。そんな作者をからかうような五郎助、つまり梟の声が聞こえて寝つかれないというだけでは平凡だが、たまりかねてがばっと起き出した「寝てやらぬ」の開き直りがなんともおかしい。

また、著者「あとがき」には、

 学生時代、実業団時代と運動一筋で過ごして生きて来て、五十代半ばに、運動以外のことをやりたいと漠然と考えていた時に選択したのが「俳句」でした。デスクワークを殆んど経験したことのなかった私にとって「文芸」の道は苦難以外の何物でもありませんでした。それが今日まで継続できたのは平成十年晩秋「鷹」に入会出来たというラッキーな出会いにほかならないと思います。

という。跋文の小浜杜子男は横沢哲彦の人間的魅力に筆をかなり割いている。
ともあれ、いくつかの句を愚生の好みで挙げておこう。

   品書は当字ばかりや花見茶屋
   消印の白馬思へる氷菓かな
   老舗とて養子五代や晦日蕎麦
   転げ来しものどんと火に蹴り返す
   釘付けの生家となりぬ秋ざくら
   三方に山あるしだれざくらかな
   紫陽花や母に宛てたる文の嵩
   街抜けし川の疲れや都鳥

 横沢哲彦、1942年、東京生まれ。




  

2017年6月19日月曜日

虚子「虹消えて忽ち君の無きごとし」(『虚子散文の世界へ』)・・



 本井英『虚子散文の世界へ』(ウエップ)、「WEP俳句通信」に連載されたものを一本にまとめた虚子研究の成果である。本井英はほかにも冊子「夏潮 虚子研究」を発行し続けている。それらの営為を支えているのが虚子想いの本井英のひたすらな情熱である。全12章に虚子の散文(小説)のいちいちを引用、評価を書きとどめている。虚子は写生文による小説を試みたので、いずれにもモデルが存在するらしい。となると、愚生などは俗人の下世話がついてまわるせいか、第十章「戦後の名品」の「『虹』その後」に以下のように記されると悪趣味の面白さが少し減じられるようにも思う。

寿福寺」は「ホトトギス」昭和二十三年七月号が初出。昭和二十三年四月二十二日、柏翠が愛子の墓標を持って鎌倉虚子庵を訪れ「愛子の墓」の揮毫を依頼したので書いた。その後寿福寺の墓域を虚子、柏翠、たけし、実花で訪れた。たけしがシャベルで土を掘って、虚子の墓の予定されている矢倉の近くに、その墓標は立てられた。
 女弟子へのプラトニック・ラブを、この世ならざる、夢のような物語として発想した「写生文小説」は虚子が意図したとおりの大団円を迎えることとなった。

 写生の概念そのものに、言語表現であるかぎり、フィクショナルなものを含まざるをえない。厳密な事実知らされようが、あるいはそうでなくても、所詮はテキストの面白さにこそ読者は魅かれるのだと思う。
 最後に、本書の結びに「また、実際に於いては土田由佳氏にお世話になった。記して感謝の意を表したい」の件に出会い、土田由佳、どこかで聞いた名だな・・・と、そういえば、愚生が『本屋戦国記』(北宋社)を書き、『現代川柳の精鋭たち』(北宋社)の企画に関わったときに、たしか北宋社社員として務められていて、社主だった渡辺誠ともどもお世話になったことを思い出したのだった。




 ところで、出たばかりの「WEP俳句通信」98号には、「豈」同人の筑紫磐井が連載「新しい詩学のはじまり(九)『伝統的社会性俳句②-大野林火(上)』」を、そして北川美美の連載「三橋敏雄『真神』考⑪-動詞多用の独自性」また秦夕美は〈特集散文的な俳句について〉「凝縮と拡散」をそれぞれ執筆している。筑紫磐井は「伝統的社会性はリアリズムの社会性とは別に、伝統的社会性としての固有の価値を持っていたようである」と、「伝統的社会性」という新概念を持ち出しての論を展開している。北川美美は動詞の多用を、三橋句の多くの例を挙げて実証しようとし、論も佳境にさしかかる感じだ(もっとも、同誌の岸本尚毅「先人に学ぶ俳句」での「三橋敏雄『しだらでん』以後」との対比も面白い)。さすがに秦夕美は「韻文体質の私にとって、『散文的である』が佳句とはどんなものか見当もつかない」とにべもない結論。
 あとひとつの余談だが、同誌の「珠玉の七句」コーナーの柿本多映の顔写真が本人ではなく遠山陽子の写真になっていた。



2017年6月17日土曜日

月犬「玉座さみし秋の蜥蜴の脚さみし」(『鳥獣虫魚幻譜抄』)・・



月犬句集『鳥獸蟲魚幻譜』抄(夜窓社)、月犬こと、じつは三宅政吉の約60句ほどの瀟洒な手造り句集である。
 三宅政吉との出会いは、愚生の友人であるワイズ出版・岡田博に、装幀家として紹介されたことにはじまる。やがて、彼が俳号・月犬と同一人であり、かつ「らん」同人でもあること知った。
以下に、本集よりいくつかの句を紹介しておこう(原文は旧仮名・旧漢字使用)。句集表紙裏の献辞も併せて、

       幻を書き記せ。
       走りながらでも読めるように
       坂の上にははつきりと記せ。
       定められた時のために
       もうひとつの幻があるからだ。
       それは終はりの時に向かつて急ぐ。
                   ハバタク書より


  樽に酒満たす夜山椒魚も来よ         
  青銅(ブロンズ)の地獄の門へ蟻の列
  軍艦は濡れ半島に百舌が鳴く
  夜の鳥霧動きたる河口かな
  白鳥や未来といふは仄暗し




★閑話休題・・・首くくり栲象 (たくぞう)・庭劇場からのお知らせ・・・

先月は事情あって、公演が中止になったが今月は復活の様子、いつもながら「お知らせ」案内の前文には、彼の生活、在り様が覗える。以下に、庭劇場お知らせのメールを転載して宣伝しておく。ご覧あれ!

「石を見つけた」 
数年前のこの時期、肺気腫で二週間ほど入院しました。退院は昼間。力なく下り坂で脚を運んでいた靴底に、いきなりイモリが飛び込んで、潰してしまった。人が死んだらどこにゆくのだろうか。梅雨の入院で退院時は初夏の暑さ、ぼんやり、そんな思いを巡らせていたやさき、気が咎めたのか、イモリの逝くところにわたしむも行くのだ。と念頭したのでした。
では踏み潰したイモリの赴く処はどこなのか…。

それから数年経ちました。

この4月の28日。山梨県の韮崎市の穴山町にいきました。八ヶ岳に似ているので「にせ八ツ」と通称されている標高1、704メトルの茅ヶ岳を仰ぎ見に出掛けたのです。最寄り駅の穴山駅は七里台地の上にあります。七里台地は釜無川と塩川にけずられつて出来た台地で、あの辺りの線路は切通して引かれている。ホ―ムは底、改札口は長い階段を登らねばない。十分ほど歩くと台地の縁に出て道は急に下る。向かい合おう茅ヶ岳の裾野。その間に広がる平地には一本の街道と耕地が面々とひろがっいる。水路は高台の耕地から下方の耕地へと流れるように設置され、水はとうとうと音をたて流れていた。畦道に様々な形の石が山をなして積み上げられ、一群のなかに丸い石をわたしは目に止めた。
甲斐地方には丸石を祀るの民間信仰があることは、道祖神を度々を見て知っていました。わたしの目に飛び込んできた石は、石の祠に祀られていた丸石神と見まごうことなき、丸い石なのです。丸みは河流に転々としてその勢いで摩滅し丸くなったのではなく、これぞと託された石に、石仏を産み出すかのごとくに産み出された、人痕が施されれていた。わたしはその石を一群の石の中から畦道に運び、眼前に置き、この石の旅への一歩として一度転がした。

さてイモリとわたしの行く末の話です。石は何億何兆もの生き物の行く末の珠を宿している。わたしは夢に見たのです。その丸石が庭劇場の椿の根元でシャボン玉のような夢を次から次へと宿し飛ばしている夢を。
 
 ●開催日と開演時間
〇6月24日(土)夜7時開演
〇25日(日)夜7時開演
〇26日(休演)
〇27日(火)夜7時開演
〇28日(水)夜7時開演
〇29日(木)夜7時開演

〇開場は各々十五分前
〇雨天時も開催
〇料金→千円
〇場所→庭劇場
〇国立市東4の17の3

 電話 090 8178 7216
   首くくり栲象 




  

2017年6月14日水曜日

摂津よしこ「黄落の幹のいづれに隠れしや」(『大阪の俳人たち7』より)・・



 大阪俳句史研究会編『大阪の俳人たち7』(和泉書院・上方文庫41)には、次の俳人たちが収められている。高浜虚子(小林祐代)、川西和露(わたなべじゅんこ)、浅井啼魚(久留島元)、尾崎放哉(小林貴子)、橋本多佳子(倉橋みどり)、小寺正三(小寺昌平)、桂信子(中村純代)、森澄雄(岩井英雅)、山田弘子(黒川悦子)、摂津幸彦(伊丹啓子)。カッコ内は執筆者。序文は宇多喜代子。
 ここでは、摂津幸彦の章のみを取り上げる。
 伊丹啓子は本書執筆を一度は断り、摂津の初期中心でよければと条件を出して執筆したという。それが良かったように思う。伊丹啓子が摂津幸彦を俳句に誘った事情や、当時の「青玄」に拠っていた坪内稔典をはじめとする俳句状況が伊丹啓子の証言として浮上しているからだ。それは、愚生が知らなかった詳細が明らかにされているからでもある。摂津幸彦の若き日を彷彿とさせてもいる。例えば、同じ関西学院大学にいた摂津の風貌について以下のように記している。

 だが、摂津はそんなキャンパスの点景として見てもおかしくない風采をしていた。初会の頃の彼は、黒いとっくりのセーターに紺色のブレザーを着ていた。色は黒かったが、長身で、痩せていて、首がすっくと立っていた。話し方は鷹揚な関西弁だ。ともかく茫洋とした人物だったが、遠くを見据えるような視線が印象的だった。

愚生が摂津幸彦に会ったころはすでに恰幅がよかった(痩せていたんだ・・・)。
また、摂津と学内句会の帰路で、阪急甲子園駅へ歩いて下ってくる別の場面では、

 摂津 「このごろ神経衰弱でな。」
 伊丹 「へぇ、神経衰弱ってどんなん?」
 摂津 「たとえば夜寝るときに、冷蔵庫に苺が残ってたのと違うやろかと考え出す。そしたら、その苺を食べてしまわんといかんのと違うか、と思う。そしたら、どうしても寝られへんのや。」
 伊丹 「ふうん。」

(中略)

摂津の服装もアースカラーのジャンパーに変わったりもした。けれども彼は首が立っていたのでジャンパー姿はあまり似合わなかった。因みに、当時の坪内の服装ときたら、よれよれのズボンにジャンパーを引っ掛け、素足に下駄履き。やや俯き加減に歩く姿が立命大生にふさわしかった。立命館の校風は関学に比して庶民的だったし、学生運動も関学より過激だった。

 さらに「青玄」時代の句会とは「青玄クラブ」での句会のことであり、結社の基金で阪急塚口のアパートを借りて「青玄クラブ」と称し、地方からの宿泊と歓迎句会が行われていた。住み込みの管理人も「青玄」の独身者から選ばれたという。結果的に当時の「青玄」、結社から離れ、同人誌「日時計」を創刊した。その代々の管理人が、同人だった矢上新八、穂積隆文、坪内稔典、立岡正幸らで、沢好摩(当時)も一時期は滞在したという。また、大本義幸「すてきれぬ血族 ここにも野すみれ咲き」の句を引用して、

 大本義幸も十代の頃「青玄」に所属した。川之石高校での坪内の後輩に当たる。二十代の頃、クラブ句会にきたこともあるが、当時は住居を転々としていた。摂津の「豈」創刊に関わり、彼の最後に至るまでの同志である。

と記されている。そして、

 摂津はクラブの句会に何度か出たが、ついに結社に所属することはなかった。だから『青春俳句の60人』に彼の句は掲載されていない。句会で突飛な(悪く言えばトンチンカンな)質問をする。摂津には、場の空気を読んで和気藹々と交際せねばならぬ結社という場は所詮無縁だったのだのだろう。


 摂津の知られざる二十歳が見えてくる。興味のある方は本書に直接あたられたい。ブログタイトルの句は、摂津幸彦の母・よしこの句である。摂津よしこは「草苑」の俳人であった。摂津の好きだった映画界に進んだり、まして俳句の道に入ることは反対していたというが、息子の幸彦を亡くしたときの句は悲痛にして絶唱である。自分たち夫婦が生前に買い求めた墓に、よもや息子の幸彦が先に入ることになるとは夢想だにしなかったはずだからだ。

     十月十三日長子幸彦逝く
  秋茄子長子の逝つてしまひけり    摂津よしこ(『珈琲館』)
  黄落の幹のいづれに隠れしや




 

2017年6月12日月曜日

谷佳紀「木枯しの空真っ青なんだ厚木基地」(「碧」第9集)・・



 「碧」第9集(海程神奈川合同句集2017)、谷佳紀からの恵送である。「海程」は各地方や各県、地区ごとの合同句集がよく発行されている。それだけ、各々の地域に組織とそれを維持できる力、エネルギーを宿しているのだろう。その「海程」も金子兜太が来年白寿を迎えて、終刊すると報じられている。
 谷佳紀に最初に会ったのは、多賀芳子宅で行われていた「碧(みどり)の会」の句会だった。海程神奈川支部と同じ「碧」である。碧の会は、句会だけでなく、その時々の注目の句集が出ると、その句集の合評会が行われていた。筑紫磐井や鳴戸奈菜の句集合評会も行われた。渋谷のオニババと呼ばれていたが、それは俳句に対する熱心さと愛が吐き出させる厳しい批評の声だったのだ。
 その会で、原満三寿や小泉飛鳥雄、渋川京子、川名つぎお、中西ひろ美、早瀬恵子、妹尾健太郎、中田世禰、谷山花猿、森田禄郎などに出会った。
 谷佳紀は、「海程」が同人誌から結社になったときに一度「海程」を辞めた。その後は「ゴリラ」という雑誌に拠り、のちに個人誌「白」をだした(ある時、兜太に会ったとたんに海程に復帰した)。そして、昔からウルトラマラソンをやっていた。今号のエッセイには、そのウルトラマラソンのベテランともいうべき谷佳紀が筋肉率と肥満度が低く体脂肪率が高い、評価は寝たきりになるリスクが高い最低の三級だったというから、数値もあてにならないものだ。加えて、ウルトラマラソンの参加費の値上がりが激しく百キロで一万円ほどだったのに、今では一万八千円が当たり前だと、ブーム到来を嘆いている。
ともあれ、30数名の全員の句とはいかないが、何名かの一人一句を以下に挙げておきたい。

   貨車番号トラ五〇六九炎天       伊藤道郎
   負け独楽を抱いて少年老い易し     木村和彦
   水鳴りや日越えの蝶の数知れず     九堂夜想
   アキアカネときどき開く店であり    黒岡洋子
   タスマニアンデビル激減ジャカランダ美し 島崎道子
   辛い言葉を梅吸うように白さかな    谷 佳紀
   夏灯金泥さらに吹き零す        佃 悦夫
   三月の雲の沖ゆく赤ん坊        津波古江津
   母歩く全霊のときまんさくも      森田緑郎



   
    

  

2017年6月10日土曜日

久光良一「使いきらぬ一日がもう暮れかける」(『熱い血』)・・



 久光良一第三句集『熱い血』(文學の森)、集名は次の句に因む。

  蕾ふくらむ、まだ熱い血が残っている    良一

「あとがき」の結びに以下のように記されている。

 五十七歳の時、自由律俳句の道に入った私も、早くも八十二歳という歳になりました。二十五年という句歴を持ちながら、相変わらず大成しきれない私ですが、これからも自分の道を進みながら、独自のポエジーを探求してゆきたいと思っています。

 独自のポエジーとは、彼にとっては、自分自身の哀歓を人生の哀歓に敷衍して俳句を書くことであろう、と思う。そこにいささかのユーモアとペーソスを同居させているのだ。 それは当然ながら老いを詠んだ句にも通じている。本集は平成二十五年以降の句を収めるが、「昨年、心臓を悪くしてペースメーカーを入れたこともあり、するべきことはなるべくしておこう、という気持ちに後押しされたことも決断の理由」(「あとがき」)と句集刊行の動機を語っている。
 ともあれ、いくつかの句を以下に挙げておこう。

  笑いとばして咳きこんでいる
  眠っちゃいけないのにねむたい世の中だ
  まだあきらめないぞジャンケンはこれから
  一生が夢であってもあなたは夢じゃない
  泣く場所がないから泣かない男でいる
  もがいたら沈む じっと浮いていよう
  何もこわくない命という切札があれば
  背骨のかたちに老いがきている
  一匹残った蚊のさびしさがたたけない
  曲がった胡瓜のなかにまっすぐな味がある
  雲がみな同じ方に流れる空の憂鬱
  ことばがみんな劣化したから黙っている
  コツンと割った卵から朝があふれる  

久光良一(ひさみつ・りょういち) 1935年、朝鮮平安南道安州邑生まれ。