2017年5月1日月曜日

大井恒行「観天望気望郷無限日本丸」(「書・清水正之」より)・・


                    書・清水正之↑

 今日は最初から閑話休題気味に愚生の話である。
愚生は週2~3回だが、府中市シルバー人材センターの請負事業のひとつ、府中グリーン・プラザの施設管理業務のために働いている。過日そのシルバー人材センターの展覧会(第6回ふれあい作品展)があって、その折、職場の先輩の書を見る機会があった。すこし話をしていたら、山頭火が好きなのだ、と言って、財布からいくつかの句をメモしたものを見せられた。愚生が俳句をやっているという話もして、実に有り難いことに、愚生の幾つかの句を書いて下さったのだ。
その句が上掲の句である。
 以下のものは、頂いてから部屋に架けてあるものだが、記憶によると「炎環歳時記」に攝津幸彦の句を掲載するために句の確認をされた方が、お礼にわざわざ描いて下さった葉書大のものである。裏書に「佐藤良重 2008.1」とあるから、すでに9年前のものである。こうしてて眺めてみると、自分の句すら忘れる質の愚生は、こういう句も書いていたのか(ボクじゃないみたい)、なかなかいい句だけど(冗談ですが)誰の句?というけっこう不思議な感覚にとらわれることがあるのである。
 そういえば、今日はメーデーだ・・・。


               絵・書とも佐藤良重↑ 

ともあれ、いただいた書と絵の句を以下に改めて書き写し、贈って下さった方への御礼としたい。

  鳥帰るやがて孤影の紺世界         恒行
  冷房電車読み継ぐは波郷伝
  千羽鶴千の目幾万幾億や
  されど雨されど暗綠 竹に降る

  つち るると降り るると降る 
  春近き石のおもてを山の水 



0 件のコメント:

コメントを投稿